インフルエンザの季節の到来です!! ②治療と予防について

2010.12.13

インフルエンザの治療薬には内服薬(商品名:タミフル)と吸入薬(商品名:リレンザ, イナビル)があります。
いずれも発病後2日以内に使い始めると有効とされています。
しかし前者は1歳未満の子供と、未だはっきりと結論は出ていませんが異常行動の問題で10歳以上の未成年者には原則使用禁止ですし、後者には使い勝手の問題があるので、診断を受けた医師に使用については相談してください。
 


予防卵のアレルギーがない限り、まずワクチンをうつことです
原則子供は1~4週間あけて2回中学生以上は1回を年内中にうちます。
うっておくと、たとえかかっても軽くすむ場合があります。
乳児への効果は低い場合も多いので、周りの家族の人が全員ワクチンをうけて、家庭の中へインフルエンザを持ち込まないことがむしろ大切かもしれません。
さらに寒い季節は室内に多くの人が集まる機会が多く、室内の空気も空調で乾燥しがちで、人から人へインフルエンザウイルスがうつるのに都合が良い条件が揃っています。
大勢の人が一堂に集まるような所はできるだけ避け、人混みへはマスクをし、外から帰ってきた時には必ずうがい手をよく洗うことを実行してください。
インフルエンザのことを頭のすみに置きながら、楽しくこの冬を過ごしましょう 

①インフルエンザの症状は?(12月6日掲載)
外来のご案内 「診療受付について」 はこちら

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ