慢性の頭痛②

2017.01.23

慢性頭痛の種類に関してはこちら

◆慢性頭痛の治療方法

緊張型頭痛に対しては、緊張の原因になっているストレスを取り去ることです。自己訓練、気分転換、ストレスから距離を置くなどをしたうえで、なお、頭痛が残る場合は、悪循環を断つために鎮痛剤や安定剤を少量使ってもよいでしょう。しかし、ストレスの原因をそのままにして薬に頼ると、いつまでたっても頭痛は続き、薬の量だけが増えていくことになりがちです。

片頭痛については、もし誘因がわかっていれば避けるようにします。頭痛発作にはトリプタン製剤をタイミングよく使うことが勧められます。また発作の頻度が高い場合は別の薬を使って抑えます。ここで市販の鎮痛剤を多用すると、かえって頭痛が頻発してくることがありますので、注意が必要です。

慢性頭痛をお持ちの方は、頭痛と上手く付き合うため、ふだんの生活リズムを見直し、頭痛がどうすれば減るか、出にくくなるかを考えて生活するようにし、改善されないようであれば、専門医にご相談ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

関西ろうさい病院 神経内科のご紹介

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ