蒸し暑いこの季節、食中毒には要注意!!

2011.06.06

気温も上がり夏が感じられる季節となりました。
これからは海水浴やバーベキューなど
楽しい行事も増えてくることでしょう。
しかし、楽しい行事と同時に
食中毒の発生件数が最も多くなる時期でもあります。
食中毒グラフ2
食中毒とは


細菌ウイルスが付着した食品や、
有害物質の含まれた食品などを
食べてしまった時におこる
腹痛、発熱、下痢、嘔吐などの胃腸炎症状です。
もしも食中毒になってしまったら・・・
下痢や嘔吐を繰り返した場合、
水分が不足し脱水症状を起こしやすくなります。
そのため、水分補給や塩分、糖分などの補給
忘れずに行うようにしましょう。
また、嘔吐がある場合は
窒息に注意し、吐きやすい体位をとって下さい。
平成23年4月、富山県の焼肉店で和牛ユッケを食べた男女が
発熱や下痢などの食中毒症状を訴え、
腸管出血性大腸菌O157・O111が検出され、
そのうち男児1名(O111を検出)および、
40歳代女性1名と70歳代女性1名がそれぞれ死亡、
さらに福井県でもO111に感染した男児1名が
死亡した事件がありましたが、
食中毒は死に至ることもある病気ですので、
お早めにお近くの医療機関を受診して下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
関西ろうさい病院 診療受付について
関西ろうさい病院 交通アクセスについて

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ