北病棟(4F〜10F)

北4階病棟

北4階病棟

心臓血管センターの一般病棟で、53床を有しています。

看護師は院内で自主的に学習会を開催し、心血管外科手術や心臓カテーテル検査に対応できるように自己研鑽を行っています。 心疾患は慢性疾患です。患者さん自身が病気の管理ができることを大切に、看護師は患者さん・ご家族と共に考え、安心して療養を継続できるよう支援して行くことを目指しています。

また、医師、多職種とのコーディネーター役を看護師が努め、円滑なチーム医療を充実させることを目標としています。

Message from 北4階病棟師長

北5階病棟

北5階病棟

北5階病棟

産婦人科と小児科(新生児)の病棟です。産科チームは周産期にかかわる疾患、出産や産後のお母様や新生児へのケアを行なっています。

平成21年に院内助産システムを開設しました。妊娠中より妊産婦さんと一緒に健康管理を行い、より対象に寄り添ったケアが提供できるように全員で取り組んでいます。

婦人科悪性疾患の患者さんには、リンパ浮腫を軽減させるためのマッサージや予防にむけての指導を積極的に実施しています。スタッフは明るく楽しく、やりがいを持って働いています。

Message from 北5階病棟師長

北6階病棟

北6階病棟

北6階病棟

腎臓内科・糖内分泌内科・血液内科を中心とした一般内科病棟です。急性期から終末期までの患者さんが入院しています。

慢性疾患患者さんが多く、患者指導・教育に力を入れています。北6病棟と透析室は合併しており、看護師の一部は透析室と北6病棟でローテーション勤務を行っています。病棟と透析室の看護師が連携することで、より効果的な患者指導・教育が行えるよう取り組んでいます。また、医師・看護師・栄養士・検査技師・理学療法士・歯科衛生士などがチームで関わり、退院後の生活がスムーズに行えるように支援しています。

平成27年12月に、クリーンルーム(準無菌治療室)が2床設置されました。白血病、悪性リンパ腫をはじめとする血液疾患の治療では、感染症を未然に防ぐことが大きな鍵となります。患者さんにとって最善の治療と治療環境が提供できるように努めています。

Message from 北6階病棟師長

北7階病棟

北7

当病棟は、泌尿器科・眼科・救急科の3科混合病棟で、手術治療が中心の病棟です。感覚器障害を有する患者さんや泌尿器科疾患という特殊性から高齢の患者さんが多いため、特に安全確保に努めています。

泌尿器科は手術療法が多く、放射線治療や抗がん剤の治療との併用など、治療が多岐にわたります。救急科は緊急で来られた患者さんに対応し、高度な治療を実施しています。このように医療依存度の高い患者さんに対し日々カンファレンスを行い、より良いケアが提供できるように取り組んでいます。また認定看護師や退院調整看護師・MSWと早期から退院に向け調整し、チーム医療に努めています。

Message from 北7階病棟師長

北8階病棟

北8階病棟

整形外科と皮膚科の病棟です。整形外科は、関節・脊椎・ハンド・スポーツの4つの専門グループで診療・治療を行っています。

 関節疾患や脊椎疾患、スポーツ外傷、転倒 などによる大腿骨頚部骨折で、手術目的の入院患者さんが入院されています。対象となる年齢も若年から高齢者まで幅広く、社会的背景も多様な患者さんに対応しています。また、外傷等では、急激な発症に伴い精神面への介入が必要となることもあります。急性期から回復期、在宅復帰までの地域連携まで一貫したQOL向上をめざし看護を行っています。

スタッフは若い看護師が多く、全員で知恵を出し合い、支え合って、患者さんに安全で安楽な看護を提供できるように努めています。

Message from北8階病棟師長

北9階病棟

北9階病棟

北9階病棟

北9階病棟

北9階病棟は、消化器外科・乳腺外科・神経内科の混合病棟です。主にがんを患った患者さんが、手術・化学療法・放射線療法を受けるために入院しています。また、平成28年度から新たに神経内科が加わり、診断と治療、リハビリテーションを行っています。

私たちは、患者さんが病気を持ちながらも自分らしく生きられるように、病気の治療や病気の進行によって生じるからだや気持ちのつらさを和らげ、自宅で生活できることを目標に、最善の医療とケアの提供に取り組んでいます。専門・認定看護師やセラピスト、退院調整看護師、MSWなどのスタッフや緩和ケアチームとともに、患者さんが可能な限りご自宅で過ごせるように支援していきます。

Message from 北9階病棟師長

北10階病棟

北10階病棟

北10階病棟は、脳神経外科と耳鼻咽喉科・頭頸部外科の混合病棟です。

脳神経外科は、ICUと連携を図りながら24時間脳卒中の救急患者を受け入れ、開頭手術・血管内治療・ガンマナイフ治療等の積極的治療を行っています。私たちは脳卒中リハビリテーション看護認定看護師を中心に専門性の高いケアやセラピストと一緒に早期リハビリテーションを展開しています。意識障害や機能障害が残存した患者さんには、ご本人やご家族の意向を大切にしながら、MSWと連携を図り退院調整を行っています。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は、咽頭・喉頭・舌がん等の悪性腫瘍の手術・放射線・化学療法等を受ける患者さんが多いです。NSTチームと共に早期からPEGを用いた栄養管理に力を入れ、また、治療中のQOLを維持できるよう、疼痛コントロールを中心とした症状緩和にも積極的に取り組んでいます。

Message from北10階病棟師長

ページの先頭へ