チーム医療

栄養サポートチーム

栄養サポートチーム

NST専門療法士資格を有する看護師2名、医師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士、歯科衛生士の多職種からなるチームです。栄養状態の改善を目指すだけではなく、QOLの向上も視野に入れながら食事や経腸栄養、薬剤、嚥下やリハビリに関して様々な意見交換を行い、カンファレンス、病棟ラウンドを行っています。

つらさと痛みのサポートチーム

緩和ケアチーム

緩和ケア担当医師(身体・精神担当)、緩和薬物療法認定薬剤師、メディカルソーシャルワーカー、緩和ケア認定看護師、がん看護専門看護師で構成されています。主治医や担当看護師とともに定期的・継続的なカンファレンスやラウンドを行い、患者さんの痛みなどの身体のつらさだけでなく、気持ちのつらさなどの緩和を行っています。

褥瘡対策チーム

褥瘡対策チーム

院内発生褥瘡の低下と治癒率向上のため、予防対策の計画、実施、職種間連携の調整を行っています。構成メンバーは皮膚・排泄ケア認定看護師の褥瘡管理者、褥瘡専任看護師、形成外科、皮膚科医師、栄養師、薬剤師、理学療法士です。褥瘡ラウンドでは局所ケアだけでなく、体圧測定やポジショニング、ケアの評価等を行っています。多職種でのラウンドは、看護師同士では気づかないことや意見交換があり自己成長の機会になっています。

呼吸ケアチーム

呼吸ケアチーム

呼吸ケアチーム(RST:Respiration support Team)とは呼吸状態が不安定な患者さんの呼吸ケアの向上および、人工呼吸器からの早期離脱を目指した医師、診療看護師、専門看護師、認定看護師、理学療法士、臨床工学技士からなる専任のチームです。 定期的な回診や教育活動を通じて呼吸ケアに関する助言、教育、医療の標準化、安全管理を行い患者さんの呼吸管理のサポートを行っています。

感染対策チーム

感染対策チーム

感染対策チーム(ICT:Infection control Team)は、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、医療安全管理者、事務職員で構成された、感染症の予防・制御に取り組むチームです。感染発生時の対応や相談、院内ラウンドなどを行い病院感染の防止に努めています。

排尿ケアチーム

排尿ケアチーム1

下部尿路機能障害を有するまたは、生じる可能性がある患者に対し、他職種が連携して排尿自立の可能性及び下部尿路機能を評価し機能回復のために包括的なケアを実施、評価することを目的にチーム編成されました。メンバーは泌尿器科医師、排尿機能検査士の資格を持った看護師、理学療法士、皮膚排泄ケア認定看護師、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師です。
最初は泌尿器科の前立腺摘出術後の尿漏れの患者を対象としていましたが、今では全診療科に拡大しています。尿道留置カテーテル抜去後の尿閉や残尿の多い患者や頻尿の患者などに対して排尿パターンのアセスメント、検査やケア、指導を行っています。患者が日常生活で困らないようにカテーテルの取り扱いや骨盤底筋体操の指導など患者や家族が自分で出来ることを目標に支援することを心掛けています。

ページの先頭へ