チーム医療

栄養サポートチーム

栄養サポートチーム

NST専門療法士資格を有する看護師2名、医師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士、歯科衛生士の多職種からなるチームです。特にNST看護師は患者さんの栄養状態の改善を目指すだけでなく、栄養投与方法や下痢の改善等、QOL向上も視野に入れ様々な栄養管理に関するアドバイスを行っています。

つらさと痛みのサポートチーム

緩和ケアチーム

緩和ケア担当医師(身体・精神担当)、緩和薬物療法認定薬剤師、メディカルソーシャルワーカー、緩和ケア認定看護師、がん看護専門看護師で構成されています。主治医や担当看護師とともに定期的・継続的なカンファレンスやラウンドを行い、患者さんの痛みなどの身体のつらさだけでなく、気持ちのつらさなどの緩和を行っています。

褥瘡対策チーム

褥瘡対策チーム

院内発生褥瘡の低下と治癒率向上のため、予防対策の計画、実施、職種間連携の調整を行っています。構成メンバーは皮膚・排泄ケア認定看護師の褥瘡管理者、褥瘡専任看護師、形成外科、皮膚科医師、栄養師、薬剤師、理学療法士です。褥瘡ラウンドでは局所ケアだけでなく、体圧測定やポジショニング、ケアの評価等を行っています。多職種でのラウンドは、看護師同士では気づかないことや意見交換があり自己成長の機会になっています。

呼吸ケアチーム

呼吸ケアチーム

呼吸ケアチーム(RST:Respiration support Team)とは呼吸状態が不安定な患者さんの呼吸ケアの向上および、人工呼吸器からの早期離脱を目指した医師、診療看護師、専門看護師、認定看護師、理学療法士、臨床工学技士からなる専任のチームです。 定期的な回診や教育活動を通じて呼吸ケアに関する助言、教育、医療の標準化、安全管理を行い患者さんの呼吸管理のサポートを行っています。

感染対策チーム

感染対策チーム

感染対策チーム(ICT:Infection control Team)は、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、医療安全管理者、事務職員で構成された、感染症の予防・制御に取り組むチームです。感染発生時の対応や相談、院内ラウンドなどを行い病院感染の防止に努めています。

院内助産システム

院内助産

院内助産システムは、病院内で助産師が主体的な妊娠期・分娩期・産褥期の保健指導やケアを提供するシステムです。正常経過をたどり、院内助産システムでの分娩を希望される方を対象に、妊産婦さんが自ら心身を整え、安心で快適な分娩、その後の育児に繋げられるよう、チームとなって頑張っています。

ページの先頭へ