南病棟(4F〜9F)

南5階病棟

南5病棟

南5病棟

循環器内科、小児科と手術を受ける小児(整形外科、口腔外科、耳鼻科、形成外科など)が入院している病棟です。実に0歳から90歳代までの幅広い年齢層の患者さんが入院されています。病棟には院内唯一のプレイルームがあり、子どもさんが少しでも快適な入院生活が送れるようになっています。

循環器内科は、下肢閉塞性動脈硬化症のカテーテル治療を受けられる方が、様々な地域からの紹介で入院されます。また、下肢の血流が悪いために潰瘍が難治性になった患者さんに対し、看護師・形成外科医・診療看護師・皮膚排泄ケア認定看護師・理学療法士がチームとなり、一日も早い退院をめざし医療を提供しています。

日々、患者さんの退院後の生活がより良いものとなるように考えて、支援するようにスタッフ一同取り組んでいます。

Message from 南5階病棟師長

南6階病棟

南6病棟

南6階病棟は消化器内科、形成外科の混合病棟です。消化器内科では消化管ならびに肝・胆・膵疾患の診断から治療を受ける患者さんが入院されます。内視鏡治療をはじめ、化学療法・放射線治療などを受ける患者さんの生活に合わせて、継続した看護が行えるよう、医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士などが協働しそれぞれの立場から、専門的な関わりをしています。形成外科では様々な理由で身体機能の一部に障害を受け、機能面からだけでなく、その人らしさを維持するために手術療法を選択される方もおられます。患者さんの今後の生活も踏まえ、社会復帰を目指し、日々看護を行っています。

私たち看護師は、この急性期病院の中でひとり一人の患者さんと向き合い、常に考える看護を実践することで、より安全で安心できる看護の提供を目指していきます。

Message from 南6階病棟師長

南7階病棟

南7病棟

南7階病棟は、消化器内科、内科(腎臓内科、糖尿病内科、血液内科)、脳外科、口腔外科の4科混合病棟で、内科疾患から外科疾患、急性期から慢性期の疾病に対応する病棟です。内科的治療や検査目的の患者さんの対応から、緊急入院にも対応し、緊急処置やドレーン管理を要する患者さんが多くいらっしゃいます。その中でも、清拭やシャワー浴、髭剃りなど日常ケアを充実させ、懸命に治療に取り組む患者さんが、入院中も、その人らしく生活できることを大切に看護に取り組んでいます。

私たち看護師は患者さんの入院生活だけでなく、退院後の生活にも着目した看護の提供を目指しています。患者さんのQOLの維持・向上を目的に、チーム医療を発揮し、患者さんの生活を患者さん・ご家族と一緒に考え、信頼される関係を築きながら、安全・安心な看護の提供に尽力していきたいと思います。

Message from 南7階病棟師長

南8階病棟

南8階病棟

南8階病棟

整形外科45床、救急科8床の病棟です。整形外科は、関節・脊椎の変性疾患とスポーツ外傷に伴う疾患、骨折や神経損傷を含む手の外傷が大半を占めます。手術件数は、年々増加しています。また、救急科は外傷から肺炎など、様々な救急患者が日々入院されます。入院してこられた患者さんの安全と安楽を考えた生活援助や早期退院に向けた関わりを退院調整看護師やMSWと連携しながら日々尽力しています。
整形外科の関節疾患の患者さんには、療養生活のイメージ化を目的に、医師・看護師・理学療法士と協力して入院前集団教育を実施しています。
明るく元気なスタッフが多く、常に患者さんと寄り添うことができ、信頼される看護を目指しています。

Message from 南8階病棟師長

南9階病棟

南9階病棟

消化器外科の手術療法を受ける患者さんに対して、周手術期の看護を実践しています。手術後の早期離床への援助やドレーン管理等、術直後の患者さんが安全に入院生活が送れるように援助を行っています。また排泄経路の変更や手術のためにおこるボディーイメージの変化を余儀なくされる患者さんの個別性に合わせて、セルフケアが自立できるよう患者さんと一緒に考えて援助をしています。

Message from 南9階病棟師長

ページの先頭へ