部長あいさつ

看護部長あいさつ


  看護部長
   認定看護管理者

    平井 三重子

当院は、勤労者医療、地域医療支援・地域がん拠点病院として高度急性期医療を担っています。看護部も病院の使命を理解し、貢献できるよう尽力しております。

看護部では、「生命と生活を大切にし、信頼される看護をすべての人々に」を理念とし、患者さんに寄り添い(感じる)、自己決定を支援し(見える)、常に新しい知識に裏付けられた(進化する)看護の提供を目指しています。

看護部の基本姿勢を『看護宣言』として、責任を自覚し、PRIDEをもってめざす看護の実現に努めております。

また、高度急性期医療を担う看護を実践するために、チーム医療の一員として様々な職種と協働し、治療と看護の両面から患者さんにより良い医療を提供できるよう多くの診療看護師が関わっているのも特徴です。

ページの先頭へ