医療連携総合センター

医療連携総合センターのご案内

医療連携を推進しトータルサポートする管制塔

当院は平成21年12月に地域医療支援病院に指定されています。医療連携を推進するために様々な取り組みを行ってきましたが、地域の医療機関の先生方との連携をさらに強化し、来院から転院・退院までの流れを切れ目なくトータルサポートする体制の構築を目指し、院内における管制塔としての役割を担うことを目的とした組織として、平成23年4月1日に『医療連携総合センター』をスタートさせました。

センター業務は、入退院支援部門、地域連携部門、社会福祉部門、相談支援部門の4つの柱で成り立っており、センター長、医療連携部長(センター長兼任)、医療連携師長、医療連携課長、看護職員、メディカルソーシャルワーカー、事務職員が業務にあたっています。

業務内容

「医療連携総合センター」の業務は、入退院支援部門、地域連携部門、社会福祉部門、相談支援部門の4つの柱で成り立っています。医療連携総合センターは、平成30年4月1日に、患者さんが安心して質の高い医療を受けられるよう、一人ひとりの状況に合わせた『入退院支援』を行う部門を開設し、従来の体制を見直すとともに強化しました。

入退院支援部門では、PFM(Patient Flow Management)のシステムを活用した支援を行います。PFMとは、患者さんの身体的・社会的・精神的情報を入院前から把握し、入院中のケアや適正な入院日の管理や退院後まで一貫した支援を組織的に行うことです。PFMのシステムを活用し、病院内の他職種(医師・薬剤師・MSW・事務、・リハビリ・栄養士など)との連携はもちろん、地域の医療機関との連携を強化し、患者さん・ご家族に切れ目のない質の高い医療を提供する事を目的に取り組んでいます。

社会福祉部門では、主にソーシャルワーカーが中心となって、社会福祉・保障制度の案内や在宅療養や転院、施設への入所支援を行っています。

地域連携部門では、地域医療機関のとの連携、他医療機関からの紹介患者さんの情報管理、セカンドオピニオンの申込み受付などを行っています。また、地域の先生方を対象とした各種講演会・症例検討会、地域医療に従事しているスタッフを対象にしたセミナーなどの企画・実施、地域連携パスの普及・届出に関する事務的な支援などを担当します。

相談支援部門では、病気になってから発生する経済的な問題や日常生活についてのご相談や医療安全に関するご相談なども受けております。

『医療連携総合センター』では、センター長、医療連携部長(センター長兼任)、医療連携師長、医療連携課長と、入退院支援部門、地域連携部門、社会福祉部門、相談支援部門、受付窓口に、看護師、MSW、事務職のスタッフが業務にあたっています。一部の兼任を除き、大半のスタッフはセンターの業務をメインとして おり、地域の皆様や先生方のご要望にお応えするための体制を整えております。ご迷惑をおかけすることもあろうかと存じますが、地域完結型の医療を担う急性期の病院として、精一杯努力してまいりますので、今後ともご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

ページの先頭へ