ROM

2013.03.11

病院でよく使われる言葉の中には、患者様にとっては、
意味の良くわからない言葉も多いと思います。
医師から病状を聞いたり、何か質問したりする上でも
医療用語を理解することは大切です。
そこで、一般の方にわかりやすく”医療の言葉”を解説していきます。
ROM (関節可動域) 
ROMとは、Range of Motionの略語で、関節可動域のことです。
関節がどの程度動くことが可能かを示します。

関節は、筋肉・腱・靭帯および関節包によって覆われています。
これらがゆるく、柔軟であれば関節は大きく動くことができ、
逆に、強固であるほど、動きは小さくなります。
ROMが狭くなる(制限される)と、日常生活を送る上で様々な障害が生じます。
+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+
関西ろうさい病院のご紹介
関西ろうさい病院 整形外科・スポーツ整形外科のご紹介
関西ろうさい病院 リハビリテーション科のご紹介
+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+
関西ろうさい病院広報誌 さぷりめんとNo.18
-人工関節置換術に先進医療を導入

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ