リハビリテーション科

労災病院リハの伝統と経験を生かし社会へ貢献する。
早期リハの確立を目指す。

はじめに

リハビリテーション科は昭和28年当院開院当初から理学診療科として始まり、長年にわたり急性期医療、障害の医療に取り組んできました。県下でもいち早くリハビリテーション総合承認施設、言語療法の承認を受け平成19年には地域がん診療拠点病院に指定されました。急性期高度医療拠点病院、がん診療の中心病院としての役割を受け、救急・がん患者受け入れ数が増加している中で、リハ部では集中治療室専従理学療法士配置、土曜日のリハビリテーション実施に加え、がんリハビリテーションにも積極的に取り組んでいます。

リハビリテーション科の理念「リハビリテーション医療推進のために」

  • 勤労者医療を推進し、働く人々の様々な医療需要に応える活動を積極的に展開する
  • カンファレンスや家屋評価など早期から行い、患者さんの社会復帰を促進する
  • リハビリテーション部門と関係診療科との間の連携を図りつつ、従来から行ってきた運動機能障害などに対するリハビリテーションに加え、専門分野別(呼吸器・心臓・スポーツ・関節・嚥下・脊椎・ハンド・高次脳機能)リハビリテーションなどを積極的に取り組むことにより、総合的な機能の充実を図る
  • ICU・HCUに専従理学療法士を配置することで、超早期からの理学療法を実施する
  • 医療スタッフの技術向上および情報交換のための講習会や研修会に積極的に参加し、研究開発を進める

リハビリテーション科基本方針

高度先進医療を含む勤労者医療への取り組みと、安全で効率の高いリハ医療と急性期リハ医療の構築をめざす。

リハビリテーション科目標

  1. リハ科、理学療法、作業療法、言語療法、MSW部門におけるリハビリ医療の質的向上、高度先進医療に向けた機器の導入
  2. 病棟、関連する他科医師、栄養部門との連携によるチームアプローチの推進、急性期リハの充実
  3. 科別、患者別カンファレンスの充実による効率の良い患者サービス、インフォームドコンセントの向上
  4. 地域における医院やリハビリ病院をはじめとする地域との連携強化

認可状況

心大血管リハビリテーション(I)、脳血管疾患等リハビリテーション(I)、廃用症候群リハビリテーション(I)、運動器リハビリテーション(I)、呼吸器リハビリテーション(I)、がん患者リハビリテーション、摂食機能療法

設備

エルゴメーター
エルゴメーター

運動療法室、作業療法室、日常動作訓練室、各種スイッチを利用した重度障害者用のパソコンや環境制御装置、個室形式の言語療法室、屋外訓練場、測定機器として心臓リハビリテーション用エルゴメーター・トレッドミルと呼気ガス分析装置、バイオデックスによる筋力測定、筋電計など。

各部門

理学療法部門において、治療領域は、整形外科、脳外科を中心に、循環器領域での急性心筋梗塞、心不全、末梢動脈閉塞性疾患に対する運動療法、また内科・外科領域での呼吸理学療法、廃用症候群の予防、改善、スポーツ整形外科等での治療を積極的に行い、早期の社会復帰に貢献しています。また、勤労者医療として生活習慣病に関するアプローチの検討を行っています。部門の専用面積は602.84m2あり、主な部屋は、運動療法室435.68m2、病棟訓練室60.16m2、スポーツリハビリテーション室107m2などを有しています。また、理学療法部門と作業療法部門の間に屋外訓練場を設置し、院外の道路の路面状況、階段、踏み切り、バスの乗降、スロープ等の訓練を常時できるようになっています。機器において、認可に必要な治療用設備・機器以上に、筋電計、運動負荷機器、筋力測定機器等客観的評価を行うための機器も揃えられています。

運動療法室

屋外訓練場

作業療法部門においても、治療領域は、整形外科、脳外科が中心ですが、手の外科の領域、住環境・機器の調整等において多くの実績があります。部門の専用面積は454.25m2で、その内容は作業療法室・ADL室371.60m2、木工・金工・陶芸室59.85m2、和室10.49m2などとなっています。機器においては、理学療法部門同様、認可に必要な設備・機器以上に、特殊な車椅子、身体障害者用PC、簡易環境制御装置、当院作業療法部門スタッフが開発・設計に関わった患者さんの自宅の玄関・風呂・トイレ等を再現し、動作シミュレーション・訓練が行えるADL空間ユニット等を有しています。

作業療法室

ADL室

言語療法部門において、治療領域は、脳外科疾患と摂食嚥下障害が中心です。早期のコミュニケーションおよび経口摂取の確立を目指し、ベットサイドから積極的に取り組んでいます。また、高次脳機能に関しても多くの実績がございます。また、言語障害のある患者家族会の運営の援助も行っています。部門の面積は45.79m2で、個別療法室が3室となっています。

言語療法室

リハビリテーション科の運用・実施手順

処方箋(訓練内容・回数・負荷程度・種目)に基づき担当療法士(PT、OT、ST)を決定します。各療法別の訓練時間を決定し、病棟へ連絡し、次の日から訓練開始します。しかし、緊急を要する場合は、処方日より訓練を開始しています。

対象

整形外科領域、脳血管障害等が多くを占めますが、呼吸器疾患・胸腹部術後の呼吸理学療法、心臓リハビリテーション、各種嚥下障害への対応、作業関連疾患・生活習慣病への対応も増えています。義肢・装具・車椅子の相談も受け付けています。27年2月よりがん患者さんのリハビリテーションを始めました。

カンファレンス

各診療科と患者さんの治療方針、ゴール、入院期間等を協議するカンファレンスを行っています。また、必要に応じて個別のスモール・カンファレンスを行っています。
各定例カンファレンスには下記のものがあります。

脳神経外科 毎週水曜日 午後4時30分から病棟で行なっています。
整形外科 関節・スポーツ・脊椎・外傷の各医師と主に火曜日もしくは金曜日月1回 夕方に行っています。
循環器科 形成外科を含む合同カンファレンスを木曜日に開催しています。
糖尿病内科 毎週月曜日 午後5時から病棟で行っています。

スタッフ

専任医師はリハ科医2名、理学療法士21名、作業療法士7名、言語聴覚士5名、リハ科看護師1名、助手2名

津田 隆之(つだ たかゆき)

津田 隆之

役職 副院長・整形外科部長・関節外科部長・スポーツ整形外科部長
専門分野 股関節外科
資格等 日本整形外科学会 専門医・運動器リハビリテーション医
新臨床研修指導医養成講習会修了
中部日本整形外科災害外科学会評議員
関西股関節研究会世話人
大阪大学医学部臨床教授
医学博士

瀧 琢有(たき たくゆう)

第2部長(兼)瀧 琢有

役職 副院長
第二リハビリテーション科部長
脳神経外科部長
専門分野 脳神経外科
資格等 日本脳神経外科学会 専門医・指導医
日本脳卒中学会 専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・専門医・暫定教育医
日本神経内視鏡学会技術認定医
日本医師会 認定産業医
医学博士
緩和ケア研修会 修了

鳥塚 之嘉(とりつか ゆきよし)

副部長鳥塚 之嘉

役職 第三リハビリテーション科部長
第二スポーツ整形外科部長
専門分野 スポーツ整形外科
資格等 日本整形外科学会 専門医・スポーツ医
医学博士

小山 毅(こやま つよし)

副部長:小山 毅

役職 リハビリテーション科副部長
専門分野 リハビリテーション一般
股関節
コンピュータ支援手術
資格等 日本整形外科学会 専門医
医学博士

奥野 杏子(おくの きょうこ)

役職 医員
専門分野 リハビリテーション一般

林 宏樹(はやし ひろき)

技師長:林 宏樹

役職 中央リハビリテーション部長(技師長)
ページの先頭へ