クリティカルパス(クリニカルパス)

2013.05.07

病院でよく使われる言葉の中には、患者様にとっては、
意味の良くわからない言葉も多いと思います。
医師から病状を聞いたり、何か質問したりする上でも
医療用語を理解することは大切です。
そこで、一般の方にわかりやすく”医療の言葉”を解説していきます。
クリティカルパス(クリニカルパス) 
入院中から退院に向けての治療、検査、手術、
投薬、リハビリ、食事、入浴等の医療行為の流れを
計画的に作成したスケジュール表のことです。
患者様用と院内スタッフ用の2種類があります。
クリティカルパスを用いることで、患者様に
入院中の経過や治療内容を分かりやすく伝えることができます。
また、院内のスタッフにとっては、
スタッフ間の情報共有によるチーム医療の推進や、
医療の質の標準化を可能にするというメリットがあります。
当院でもクリティカルパスを採用しており、
さらに、電子化することによって、
安全かつ効率的な医療の提供に努めています。
 参考:当院で使用している患者様用クリティカルパスの例(PDFファイル 817KB)
+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+
関西ろうさい病院のご案内
関西ろうさい病院 医療情報部のご紹介

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ