口腔乾燥症(ドライマウス)②

2013.08.05

[前回記事]
2013年7月29日 「口腔乾燥症(ドライマウス)①」
■ 原 因
①全身性基礎疾患
 糖尿病、腎疾患、貧血、心不全など
②薬の副作用
 睡眠薬、抗不安薬、抗うつ剤、降圧剤など
③口呼吸や喫煙
④唾液腺疾患
 シェーグレン症候群、唾液腺炎、唾液腺腫瘍など
⑤中枢や末梢の神経障害、うつ病や精神疾患など
⑥精神的ストレス
⑦生理的(加齢)
■日常のケアと治療
ドライマウスは薬剤などで治癒するものではありません。
日常のケアを行うことで不快症状を軽減することを目標とします。
よくかんで食事する!
口腔を清潔にする!
義歯の清掃、消毒!
禁煙!
口腔保湿剤の使用!(歯科医院や薬局で相談してください)
 
 口腔保湿剤の一例
ドライマウスを疑ったときには、かかりつけ歯科にご相談ください。
参考文献
「日本口腔外科学会編 口腔外科シリーズ5:口腔乾燥症」
「中川陽一、斉藤一郎:これで解決!!ドライマウス、末永書店」

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+
関西ろうさい病院のご案内
関西ろうさい病院 歯科口腔外科のご紹介
医療従事者向け広報誌「かんろう.ねっと」No.6(2012年4月)
-ビスフォスフォネート系薬剤と顎骨壊死 歯科口腔外科部長 北村 龍二

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ