センター概要

所長ご挨拶

関西労災病院 治療就労両立支援センター所長 林 紀夫

平成16年4月に設置され予防医療活動を主として行ってきた「関西労災病院勤労者予防医療センター」は組織の改編に伴い、平成26年4月1日に「関西労災病院治療就労両立支援センター」として新たなスタートをきりました。

昨今の就労年齢の延長等による勤労者の高齢化や医療技術の進歩に伴って、病院等で治療を受けながら就労する勤労者の増加が見込まれることから、疾病の治療と就労の両立支援(三次予防)への取り組みが求められています。
そこで、当センターでは疾病の治療と就労の両立支援(三次予防)について、機構の両立支援モデル事業として、平成26年度から「乳がん」、平成27年度から「糖尿病」の治療と就労の両立支援の実践に取り組んでまいります。
また、従前の疾病の予防(一次予防)や憎悪の防止(二次予防)に関する予防医療活動としての講演会、研修会、各種指導等は継続して活動してまいりますとともに、予防法の開発の研究に取り組んでまいります。

治療と就労の両立支援活動並びに予防医療活動を、微力ではありますが地道に活動してまいりますので、勤労者の方々及び地域の皆様におかれましては、今後とも当センターをご利用賜りますようお願い申し上げます。

働く人々の健康づくりを支援する予防医療部

予防医療部 部長 山縣 英久

旧勤労者予防医療センターで行ってきた、働く人々に増えている疾病の予防、増悪防止のための講演・研修や健康相談・生活指導・栄養指導・運動指導に加えて、これまで収集したデータの分析・評価により実効的な予防医療のエビデンスを開発するための調査研究(脳・心臓疾患、メンタルヘルス不調、働く女性の健康障害等)を実施していきます。

なお、指導データ等の個人情報を研究目的で活用するにあたっては、事前に研究趣旨等をご説明し、承諾をいただいた上で実施することといたしますので、ご協力くださいますようお願いいたします。

医師・保健師・管理栄養士・理学療法士などの多職種がもつ視点から勤労者の方々の健康づくりを支援します。

予防医療イメージ図

働く人々の疾病治療と就労の両立を支援する両立支援部

両立支援部 部長 村田 幸平

両立支援イメージ図

ページの先頭へ