✰きらきらナースレビュー

2013.08.21

氏 名 きぬがさ
部 署 ICU
出身地 兵庫県
出身校 関西労災看護専門学校
6月26日に院内BLS(一時救命処置)研修、
7月6日に第15回関西労災病院ICLS(二次救命処置)コースが行われました。
BLSは院内の看護師、放射線科技師、
理学療法士、事務の計31名が受講されました。
初めての胸骨圧迫やAEDの操作、全員が真剣なまなざしでした。
 
ICLSコースは院内外のインストラクター24名で構成されており、
受講は医師・看護師・理学療法士の計18名が参加されました。
研修は1日コースで技術講習です。受講者はチームワークを駆使し、
絶え間なく胸骨圧迫を継続し、患者様を病院に搬送できるかが勝負です。
体力だけでなく頭もフル回転。休憩時のおやつは欠かせません。
そして、きっと受講者は、数日間、筋肉痛になっていることと思います。
BLS研修、ICLSコースは2回/年開催しています。
病院の委員会が主催ですが、救急科医師とICU看護師が中心となり運営しています。
準備は大変ですが、受講している皆様から元気なパワーをもらって、がんばっています。

関西ろうさい病院では、看護師を募集しています
看護部のご案内はこちら
募集要項はこちら
説明会・見学会のお知らせ
関西ろうさい病院の教育制度について
きらきらナースブログ 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ