第19回関西ろうさい病院市民公開講座を開催しました③

2015.07.03

テーマ 「~快適で幸せなお産とは~」
開催日時:平成27年6月20日(土)
開催場所:いたみホール

内容  座長 産婦人科部長 伊藤 公彦

講演3 今どきの痛くないお産「無痛分娩」という選択肢
           講師:第三産婦人科部長 田島 里奈

陣痛と分娩時の痛みと硬膜外無痛分娩のウソ・ホント5題を取り上げて説明しました。

陣痛とは医学的には10分間隔以内の規則的な子宮収縮で、痛みを伴うもの。

分娩時の痛みにはメリットとデメリットがありましてメリットは・母なる自覚・家族の優しさを再確認・生まれた後の開放感、一方デメリットは・お産に対する恐怖・疲れ果てて育児に支障・家族に暴言・次回妊娠が怖いなどです。

「硬膜外無痛分娩のウソ・ホント」
①赤ちゃんに危険なのでは?②帝王切開が増える?③出血量が増える?④分娩時間が長くなる?⑤吸引分娩が増える?

「解説」①硬膜外麻酔は赤ちゃんに無害②無痛分娩によって帝王切開率は増えません③無痛分娩によって出血量は増えません④無痛分娩によって分娩時間は増えません⑤初産婦さんでは吸引分娩率があがります。

P1180907

 

 

 

産婦人科のご案内

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ