②意識の確認、応援要請について

2011.02.07

「①心肺蘇生が必要な理由」 (2011年1月31日) の記事はこちら
あなたが
倒れた人を発見して、救命処置をしようとしたら
まずはあなた自身の安全を守ってください。
(このことはとても大切です)
具体的には、
周囲の安全を確認することと感染の防御です。
(直接、血液や嘔吐物に触れないでください。)
次に・・・


意識の確認
倒れている人に意識があるかを確認します。
耳元で声を掛けたり、肩をたたいて
意識があるかどうかを確認します。
次に・・・
応援要請
1分1秒を争う事態です。
複数の人で手分けした方が早く行えます。
大きな声で人を集めます。「誰か来てください!!」
集まってきてくれた人の中で、
ある1人の方を指差して「119番通報お願いします!」
 (指差して頼むのは、役割分担を明確にし必ず実行してもらうため)
次に別の人を指差して
AED(エーイーディー)※をお願いします!」
と頼みます。

※AEDとは、自動体外式除細動器のこと
詳しくは 「④人工呼吸、心臓マッサージ、AEDの使用方法について」
(2月21日掲載予定)の中で説明いたします。
次回は、「③身体の起こし方、気道の確保、呼吸の確認」について
どうぞご覧ください!

[関連サイト]
救急部、重症治療部のご紹介はこちら
心肺停止持の救命方法の公開講座の記事はこちら
CCUのご紹介はこちら
Post-CCUのご紹介はこちら
ICUのご紹介はこちら
関西ろうさい病院では、看護師を募集しています

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ