インスリン

2012.10.09

病院でよく使われる言葉の中には、患者さまにとっては、
意味の良くわからない言葉も多いと思います。
医師から病状を聞いたり、何か質問したりする上でも
医療用語を理解することは大切です。
そこで、一般の方にわかりやすく”医療の言葉”を解説いたします。
インスリン
インスリンとはすい臓で作り出され、
ブドウ糖をエネルギーに変えたり、
貯蔵したりするホルモンです。
血糖値コントロールやエネルギー確保をするうえで、
欠かすことのできないものです。
糖尿病ではインスリンの分泌が悪くなり、
血糖値のコントロールがうまく出来なくなってしまいます。

インスリン自己注射に用いる各種の注射器
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
糖尿病スクールのご案内 関西ろうさい病院では毎月糖尿病スクールを開催しています。
患者様向け広報誌「さぷりめんとNo.18」裏面
症状がないまま進行する糖尿病網膜症
医療従事者向け広報誌「かんろう.ねっとNo.7」P.2~3
―激動の糖尿病治療を読む~糖尿病・内分泌内科グループの取り組み
勤労者予防医療センターでは、栄養相談やダイエット教室をはじめ、
各種相談、教室を実施しています。

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ