糖尿病①

2012.10.15

糖尿病とは?
血液中にブドウ糖がたくさんあふれた状態
(高血糖)が慢性的に続く状態を言います。
糖尿病は、自覚症状がほとんどなく、失明、腎不全、
心筋梗塞などの重篤な合併症を引き起こす恐れがあります。

健康な方はインスリンという血糖値を下げるホルモンによって、
高血糖状態が続かないようにコントロールされています。
糖尿病の方は、このインスリンの出方が悪いか、
または効き具合が良くなく、多くの方はその両方が
複雑にからみ合った状態になっておられます。

糖尿病の治療法は?
最も重要かつ優先すべきものは、
何と言っても“食事療法”です。
次に運動療法、最後に薬物療法です。
ですから、いくら良い薬が出ても、
食事療法をきちんと守ることができなければ、
その効果は半減しますし、長続きしません。
糖尿病治療の基本
来週(2012年10月22日)は、
糖尿病の最新薬物治療についてお伝えします!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
糖尿病スクールのご案内 関西ろうさい病院では毎月糖尿病スクールを開催しています。
医療従事者向け広報誌「かんろう.ねっとNo.7」P.2~3
―激動の糖尿病治療を読む~糖尿病・内分泌内科グループの取り組み
患者様向け広報誌「さぷりめんとNo.18」裏面
症状がないまま進行する糖尿病網膜症
勤労者予防医療センターでは、栄養相談やダイエット教室をはじめ、
各種相談、教室を実施しています。

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ