イレウス

2014.01.20

病院でよく使われる言葉の中には、患者様にとっては、意味の良くわからない
言葉も多いと思います。
医師から病状を聞いたり、何か質問したりする上でも医療用語を理解すること
は大切です。
そこで、一般の方にわかりやすく”医療の言葉”を解説していきます。
イレウス 
イレウスとは腸閉塞のことで、腸の管の中がふさがったり狭くなったりするな
どして、食べ物やガスがつっかえて通らなくなる状態をいいます。
開腹手術を受けた方や、ご高齢の方に起こりやすく、大腸がんなどの腫瘍が原
因となることもあります。
イレウスになると、便やガスが出なくなり、腹痛や嘔吐といった症状が現れます。
放っておくと、嘔吐による脱水症状や、腸管の壊死、敗血症を引き起こす可能
性があります。
そのため、早急に適切な処置をする必要があります。

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+
関西ろうさい病院のご案内
関西ろうさい病院 消化器内科のご紹介
関西ろうさい病院 外科のご紹介

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ