狭心症・心筋梗塞を予防するには?

2011.01.11

動脈硬化は、
高血圧
高脂血症
糖尿病
肥満
喫煙
があると
動脈硬化は加速します。
これらを幾つも持っていると、
狭心症や心筋梗塞になる危険性は急激に上昇します。

また、血縁者に狭心症や心筋梗塞を経験された方がおられる場合も危険性が高いと言われています。

逆にタバコをやめ、これらの病気をしっかり治療することは、狭心症や心筋梗塞の予防につながります。

狭心症や心筋梗塞など、冠動脈の病気を調べるうえで注目を集めているのがCT検査です。

当院では、全国でもまだ希少な最新のCT装置(320列CT)を導入し、患者様にやさしい冠動脈検査を行っております。

詳しくはこちら

また、当院の「勤労者予防医療センター」では、生活相談・栄養相談・禁煙相談・運動指導・高血圧改善教室・ダイエット教室など各種相談、指導、教室を実施しております。

詳しくは「勤労者予防医療センター」までお気軽にお問い合わせ下さい。

関連サイト

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ