病理・細胞検査

2012.03.05

病院でよく使われる言葉の中には、患者さまにとっては、
意味の良くわからない言葉も多いと思います。
医師から病状を聞いたり、何か質問したりする上でも
医療用語を理解することは大切です。
そこで、一般の方にわかりやすく”医療の言葉”を解説いたします。
病理・細胞検査
病理・細胞検査とは、
内視鏡や手術によって採取された臓器を標本にし、
それを顕微鏡で観察して、良性・悪性の診断を行い、
治療方針、手術の術式の決定に関わる
重要な検査です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
関西ろうさい病院 病理診断科のご紹介
関西ろうさい病院 検査科のご紹介
広報誌「かんろう.ねっと特別号」
―大腸腫瘍に対する”内視鏡的粘膜下層剥離術(大腸ESD)”について
広報誌「かんろう.ねっとNo.4」
―チーム医療・地域連携・臨床研究で新たなエビデンスの構築を
―当院における乳がんの診断および治療戦略
―呼吸器外科専門医による肺がん治療がスタート

広報誌「かんろう.ねっとNo.3」
―新しく誕生した消化器内科
―食道がんの治療について
―胃がんに対する腹腔鏡手術

がん相談支援室のご案内
地域がん診療連携拠点病院について

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ