産婦人科のご紹介~院内助産システム①~

2013.08.26

■ 院内助産システムとは?
病院や診療所において、助産師が主となって妊婦健診や分娩介助、
保健指導(健康相談・教育)を行う仕組み
のことをいいます。
下の図が院内助産システムの流れです(病院によって異なります)。
院内助産システムの流れ
■ どんなことをしているの?
「院内助産」による出産は、自然な経過を大切にし、
異常がない限りは医療介入を行っていません。
助産師チームが、妊娠20週頃より「助産外来」で妊婦健診を行い、
食事や運動など生活を整えて心身ともに健康な体作りのお手伝いをします。
安産のためには、妊娠中からの自己管理と出産に対する
正しい知識を身につけておくことが大切です。
「助産外来」では、ちょっとした気になることも気軽に相談することができます。
出産の時も、できるだけスムーズにお産が進むようにそばについてケアを行います。
次回は、医師との連携についてご説明します。
[産婦人科関連記事]
2013年8月12日記事 ご出産お祝い膳をリニューアルしました!
+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+
関西ろうさい病院のご案内
関西ろうさい病院 産婦人科のご紹介
当院で分娩希望の妊婦のみなさまへ

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ