関西ろうさい病院で出産を希望される方へ

 

分娩予約について

当院では分娩数が年々増加しており、満足いただけるお産を提供するために、現在、分娩予約数は月60件に制限しております。

そのため、分娩予約数を超えた段階でご来院された妊婦さんについてはお断りさせていただいております。

かかりつけの医療機関で妊娠が確認され、当院での分娩を希望される妊婦さんは、分娩予定日が決定し、流産の可能性がほぼ排除された12~16週ごろまでにかかりつけ医療機関の紹介状をご持参いただいて、当科を受診し、分娩予約をお取りください。

その後の妊婦健診は、紹介元の医療機関で受けていただき、妊娠9ヶ月で当院に転院していただいても結構です。

ただしそのような場合でも、当院のパパママ広場(マタニティ教室)に出席いただくことと、妊娠中期に胎児エコー外来を受けていただくことをお勧めします。

当院では、妊婦健診をご近所の産婦人科医院で受けていただき、分娩を当院で行うセミオープンシステムを取り入れています。

セミオープンシステムの詳細はこちら(各医療機関向け)

なお、当院では原則、出産育児一時金直接支払制度をご利用いただけます。

入院後に直接支払制度合意書をご提出ください。

その他、当院での分娩を希望された場合でも、より高次の医療機関での分娩が望ましいと判断した場合(例えば、統合失調症の治療中や既往のある方など)は、お断りさせていただくこともございます。

双胎(ふたごの赤ちゃん)妊娠時の分娩予約について

双胎妊娠の方が出産される場合は、生まれてくる二人の赤ちゃん及び、お母さんに集中治療が必要な可能性があります。そのため、当院での新生児救急体制においては、双胎妊娠の方の分娩予約は原則として

  1. すでに予約の入っている双胎妊娠の方の分娩予定日と、少なくとも1週間の差があること
  2. 1ヶ月に2件まで

の条件で行っております。

当院での新生児対応基準について

当院小児科では、以下の状態の赤ちゃんに新生児医療を行っております。

  1. 在胎週数35週以上
  2. 体重1,500g以上
  3. 重篤な病態でない
  4. 重篤な合併症がない

これらの状態に満たない妊婦さんや赤ちゃんは、より高次な医療機関をご紹介したり、母体搬送や新生児搬送をさせていただいております。

以上、ご理解いただきます様お願い申し上げます。

無痛分娩について

当院では2013年より持続硬膜外麻酔による無痛分娩を開始しました。

ご希望の場合は、平日の14時~16時に産婦人科外来へお電話でお問い合わせください。

ただし、妊娠に伴う合併症や持病などにより無痛分娩ができない場合もあります。

また、無痛分娩にかかる費用は全額自費となります。

お問い合わせ先

1階東受付(産婦人科) 06-6416-0282
関西労災病院代表 06-6416-1221

持続硬膜外麻酔とは

硬膜外腔というスペースに細いチューブ(硬膜外カテーテル)を留置し、持続的に麻酔薬を注入することによって陣痛による痛みを軽減する方法です。
胎児に影響がなく、鎮痛効果が確実(個人差あり)であるというメリットがあります。

実際の方法

当院での無痛分娩は、全例計画分娩(予約制)としています。希望者が多い場合は先着順とさせていただきますので、予定日が決まりましたらお電話でご予約を取られることをおすすめします。
予定よりも早く陣痛が来た場合には、無痛分娩を行うことができない場合がありますのでご了承ください。

  1. 計画分娩前日午後に入院、子宮頚管にダイラソフト(吸湿性頚管拡張剤)を挿入し子宮口を2-3cmまで開きます。
  2. 計画分娩当日朝7:30頃、ダイラソフトを抜きメトロイリンテル(さらに頚管を広げる風船)を挿入します。
  3. 8:30頃、陣痛促進剤を点滴で開始し、硬膜外カテーテルを挿入します。
  4. 陣痛が始まったら、少量から麻酔を開始します。

分娩中のすごし方

  • 足に力が入らず危険な場合があるため、歩行は避けていただきます。
  • 定期的(麻酔開始直後は特に頻回)に血圧を測定します。
  • 特別な指示がない限り食事や飲水の制限はありません。
  • 面会や立会い分娩も可能です。

起こりうる合併症

  1. 低血圧
  2. 頭痛
  3. うまくいきめないことによる吸引分娩
  4. 穿刺部の出血、血腫形成
  5. 感染

   など

安全性と快適さを追求して

関西労災病院の産婦人科は、「すべての女性が安心して、幸せな妊娠・出産・育児ができること」を目標に、「出産後のお母様が一人の女性として大切にされること」「母子同室を行うことで、新生児が常に母親のそばで愛情あふれた言葉やぬくもりを感じながら育てられること」「母子が家族の中で受け入れられ、支えられること」を考えながら、ケアを提供しています。また、常に安全性や快適さを追求しながら、環境面・サービス面の充実を心がけています。

  • マタニティ・ヨガクラスの実施
  • ペアクラス・沐浴クラスの妊娠中の健康教育
  • 助産師外来にてバースプランを積極的に聴き、希望に沿ったケアの提供
  • LDR(⇒後述バースルーム)でのできるだけ自然な分娩
  • フリースタイル分娩やカンガルーケアの実施
  • 母子同室・母子同床による母乳育児の推進
  • アロマテラピーを取り入れたケア
  • 2週間健診(すくすく)母乳外来での継続ケア、育児支援など
  • パパママ広場

バースプラン

「あなたのバースプラン」は、あなたにとっての「いいお産」を妊娠中からイメージし、そのイメージを実現するためのプランです。このプランにそって、あなたのお産をサポートします。

アロマテラピー

アロマテラピー

アロマテラピーは、体や心の不調を和らげるリラックス方法のひとつです。
当院では、主に分娩時に使用し、産婦さんにできるだけリラックスしてお産にのぞんでもらえるようにしています。

LDRシステム(Labor=陣痛、Delivery=分娩、Recovery=回復)

陣痛開始から分娩・産後まで対応でき、ご家族の方にも同室いただける、ゆったりとした個室を主に使用し、お産を行っています。

パーソナルユニット(4人部屋)

新しいタイプのお部屋(パーソナルユニット・4人部屋)は木目調の収納家具を間仕切りに使用し、プライバシーに配慮したつくりとなっております。
また、液晶テレビ・DVD等を備え、落ち着いた雰囲気の中、母子同室で快適に過ごしていただけるよう努めています。

お祝い膳

当院1階のレストラン「花みず木」にて2名分の和食コースをご用意しています。ご出産後にチケットをお渡ししますので、ご家族とのお食事にご利用ください。
詳しくは、チケットとともにお渡しする「御出産お祝膳のご案内」をご覧ください。
メニューは体にやさしい旬の素材を使用したものとなっております。

アルバム

かわいいアルバムに赤ちゃんの足型とメッセージをそえてお渡ししています。

赤ちゃんグッズ

楽しく育児をしていただくために、育児用品をプレゼントしています。授乳まくらやハーフケットなどからお好きなものをおひとつ選んでいただけます。お役に立てるものばかりなのでママたちに好評をいただいております。

授乳室での飲み物提供サービス

ウォーターサーバーを設置。ハーブティやタンポポコーヒーなど授乳中でも安心してお飲みいただけるものをご用意しております。 タンポポコーヒーは血液循環を良くし、乳汁分泌が増加すると言われています。同じ時期に出産したママ同士、同じような悩みを抱えていると思います。育児に関する不安や悩み・・・お茶を飲みながら、ママ同士の情報交換やコミュニケーションスペース、くつろぎの場としてご利用ください。

ページの先頭へ