糖尿病網膜症②

2012.11.26

2012年11月19日「糖尿病網膜症ってどんな病気?」の記事はこちら
糖尿病網膜症の症状と治療法
単純網膜症
<状 態>網膜内の血流が悪くなり始めた
       網膜症の最初の段階
         ・毛細血管の一部がこぶのように腫れる
         ・血管の壁から血液が染み出る
         ・血液中の血漿成分が染み出る
<症 状>全くない
<治 療>投薬治療 (血糖値の改善)
         初期の単純網膜症なら、
         血糖コントロールの改善で軽快することもあります。

前増殖網膜症
<状 態>血管が詰まって網膜の一部に
        血液が流れていない(虚血)部分が
        生じてきた段階
         ・血流が悪い部分の細胞が変化して
          シミのように見える
         ・血流が全く途絶えてしまう
         ・静脈が異常に腫れあがる
         ・血管から染み出た血液成分が
          網膜内に溜まり網膜が腫れる
<症 状>ほとんどない
         黄斑部に浮腫が起こると著明な視力低下をおこします。
<治 療>投薬治療 (血糖値の改善)、レーザー治療
増殖網膜症
<状 態>虚血部分に酸素や栄養を送り込もうと、
       新生血管が伸びてくる段階
         新生血管は大変もろく
         出血しやすい血管で、網膜の表面や
         硝子体内に出血が広がると、
         視力に大きな影響を及ぼします。

<症 状>視力低下、飛蚊症、失明
         硝子体出血や網膜剥離が起きていなければ、
         症状がないこともあります。

<治 療>レーザー治療、硝子体手術
次回(12月3日)は、「糖尿病といわれたら」についてお伝えします。
ぜひご覧ください。
                        
関西ろうさい病院 内科のご紹介
診療所向け広報誌「かんろう.ねっとNo.7」P.2~3
 激動の糖尿病治療を読む
  ~糖尿病・内分泌内科グループの取り組み~
  
糖尿病スクールのご案内 

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ