神戸新聞夕刊(長寿の作法) 「嚥下機能高め、肺炎予防を」

2017.11.29

2017年11月27日(月)付けの「神戸新聞夕刊」に、嚥下機能を高めて肺炎予防について説明する、関西ろうさい病院 石塚君予 主任言語聴覚士のインタビュー記事が掲載されました。

記事には、言語聴覚士の仕事が以前は言語障害のリハビリや言語指導が主であったのが、最近は高齢者の「誤嚥(ごえん)性肺炎」の増加により、食べ物や唾液を飲み込む「嚥下(えんげ)」の訓練が増えてきているとありました。また、誤嚥性肺炎の予防には、口の中を清潔にして水分を摂り、体力を維持することが重要である等の説明と、嚥下機能を高める「嚥下体操」の紹介もありました。


関西ろうさい病院 リハビリテーション科のご紹介
関西ろうさい病院 神経内科のご紹介

カテゴリー
メディア情報 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ