内視鏡センターがリニューアルしました

2012.08.13


内視鏡検査・治療は進歩、高度化し、
現在の医療においてその重要性はますます増しています。
当院でも年間の消化器内視鏡検査は
6,500件以上に増加していますが、
これまでの内視鏡室は2ベッドでしか
検査できない極めて狭いもので、
対応には困難が生じてきました。
そこで、2012年2月に
外来診療棟2階の内視鏡室を1階に移転し、
『内視鏡センター』としてリニューアルいたしました。

新しい内視鏡センターは、
患者様と医療スタッフの動線を考慮したレイアウトとし、
患者様のプライバシーにも配慮して
独立した4室の検査室
を設けました。
このうちの2室は広さに余裕を持たせ、
消化管出血などの緊急症例や
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などの
高度化した処置にも対応
できるようになっています。

リカバリースペースも確保して、
外来患者様の鎮静下内視鏡検査も可能となり、
8台のリカバリーチェア機能を持つ
移動式検査・診察台を採用して、
鎮静下内視鏡検査を受けた患者様は、検査後検査ベッドのまま
リカバリースペースへ移動できるようにしました。

医療安全と感染制御にも配慮して
内視鏡洗浄室を独立させ、
専任の洗浄スタッフが
ガイドラインに基づいた洗浄を行っています。
今後も先進的で充実した内視鏡検査・治療を
提供するため、スタッフ一同努力してまいります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
関西ろうさい病院 消化器内科のご紹介
関西ろうさい病院 外科のご紹介
関西ろうさい病院 がん相談支援室のご案内
かんろう.ねっとNo.3―「新しく誕生した消化器内科」
~肝疾患診療、消化器がん診療、内視鏡治療での地域医療への貢献を目指して~

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ