アシネトバクター

2012.08.20

病院でよく使われる言葉の中には、患者さまにとっては、
意味の良くわからない言葉も多いと思います。
医師から病状を聞いたり、何か質問したりする上でも
医療用語を理解することは大切です。
そこで、一般の方にわかりやすく”医療の言葉”を解説いたします。
アシネトバクター
アシネトバクターは土壌や河川水などの
自然環境中に生息する環境菌です。
暖かく湿潤な環境を好み、
健康人の皮膚、特に湿った部分である腋窩、会陰部、
足の指の間などにも常在している事が少なくありません。
毒性は弱いので重篤な状態にならない限り
感染症状を示すことはありません。

しかし、体力・免疫力の衰えた方に肺炎や
さまざまな感染症をおこすので注意しなければなりません。
予防は、うがいと手洗いです。
砂遊びや水遊びのあとは普通の石鹸で十分手を洗い、
特に、入院している方を見舞う場合は、
病室に入る前後に石鹸で手洗いを行うようにしてください。
その中でも多剤耐性アシネトバクターは
治療に使用する抗菌薬がほとんど効かなくなっている菌です。
通常、多剤耐性アシネトバクターによる感染症の流行は
集中治療室の患者さまやその他の重症患者で起こり、
医療機関の外で起こることは滅多にありません。
多剤耐性アシネトバクターの院内感染を防ぐには、
院内の環境を清潔に保ち、
医療器具の消毒や手洗いを徹底することが重要となります。

関西ろうさい病院では、
感染管理医師、感染管理認定看護師、薬剤師、臨床検査技師などで
感染対策チームを構成し、以下の活動を行い、院内感染対策に努めています。
<医療安全パトロールの実施>
 院内感染症例の発見、感染防止業務の監視、
 抗菌薬・消毒薬の使用状況の監視、
 規定外の廃棄物の監視などを行っています。
 
<感染対策教育>
 就職時及び年2~3回の感染対策に関する研修会を実施しています。
<院内感染対策マニュアルの整備>
 厚生労働省のガイドラインに沿ったマニュアルを作成し、随時改訂しています。
  
<感染対策ニュースの発信>
 週1回感染対策に関する情報と分離菌情報を
 各部署に発信しています。
<地域連携>
 東阪神感染対策研究会で感染に関する情報の共有と
 意見交換を年に2回行なっています。
 加えて、他病院との感染対策相互チェックを行っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
関西ろうさい病院 医療安全への取り組みについて
関西ろうさい病院 検査科 精度保証認証施設認定のお知らせ
関西ろうさい病院 薬剤部のご紹介
関西ろうさい病院 病理診断科のご紹介
広報誌「かんろう.ねっと特別号」 P.4
―精度保証認証施設 認定について

カテゴリー
かんろうメディカル通信 最新記事
月別アーカイブ

ページの先頭へ