独立行政法人 労働者健康安全機構 関西ろうさい病院産科
メニュー

無痛分娩

無痛分娩について・無痛分娩で出産された方の声・無痛分娩に関するよくある質問をご紹介いたします。

無痛分娩について

「お産って痛いんでしょ? 怖い!」「できることなら、ちょっとでも楽に産みたい。」という妊婦さんに対して、当院では2013年より、ご希望に応じて硬膜外麻酔による無痛分娩を行っています。麻酔薬を注入することによって、陣痛による痛みを緩和します。意識は保たれたまま、痛みのみを取りますので、ご家族と談笑しながら、冷静に新しい命を迎えることができます。

持続硬膜外麻酔とは

硬膜外腔というスペースに細いチューブ(硬膜外カテーテル)を留置し、持続的に麻酔薬を注入することによって陣痛による痛みを軽減する方法です。

胎児に影響がなく、鎮痛効果が確実(個人差あり)であるというメリットがあります。

関西ろうさい病院の無痛分娩について

当院では、1日1件の完全予約制で行っております。硬膜外麻酔用のカテーテル挿入は、熟練した産婦人科専門医が行います。その他、当院には15名の麻酔科医が常勤しており、いつでもバックアップできる体制が取られています。

2017年は43件の無痛分娩を実施しました。慎重な管理体制をとっており、これまでに無痛分娩に関わる医療事故は発生しておりません。

実際の方法

  1. 計画分娩前日午後に入院、必要に応じて子宮頚管拡張処置を行います。
  2. 計画分娩当日朝、陣痛促進剤を点滴で開始し、硬膜外カテーテルを挿入します
  3. 陣痛が始まったら麻酔開始します。ご本人の痛みに応じて調節可能です

分娩中のすごし方

足に力が入らず危険な場合があるため、歩行は避けていただきます。

定期的(麻酔開始直後は特に頻回)に血圧を測定します。

特別な指示がない限り食事や飲水の制限はありません。

面会や立会い分娩も可能です。

起こりうる合併症

低血圧、頭痛、うまくいきめないことによる吸引分娩、穿刺部の出血・血腫形成、感染など

無痛分娩の費用

無痛分娩の費用は全額自費となり10万円です。また、通常の分娩費用が加算されます。

Image
Image

無痛分娩を希望される方へ

当院での無痛分娩は、全例計画分娩(予約制)としています。希望者が多い場合は先着順とさせていただきますので、予定日が決まりましたらお電話でご予約を取られることをおすすめします。

ご希望の場合は、平日の14時~16時に産婦人科外来へお電話でお問い合わせください。

ただし、妊娠に伴う合併症や持病などにより無痛分娩ができない場合もあります。また、予定よりも早く陣痛が来た場合にも、無痛分娩を行うことができない場合がありますのでご了承ください。

なお、当院では無痛分娩に関する説明会を定期的に行っています。当院で無痛分娩を予定されている妊婦さんは、必ず1度は説明会に参加をお願いします。開催日時などの詳細は外来でご案内いたします。

お問い合わせ先
TEL:06-6416-0282(産婦人科外来 1階東受付)

※平日の14:00~16:00にお問い合わせください。

無痛分娩で出産された方の声

Q.無痛分娩にしようと思われた理由は何ですか?
A.長女の陣痛がつらく、出産に対して恐怖心があったので。
Q.無痛分娩に対する不安はありましたか?
A.入院前に陣痛がきたらどうしようという不安はありましたが、そのほかは特にありませんでした。
家族はニュース等を観て心配もしていましたが、主治医の先生が通院時にしっかりと説明してくださったので、私自身は何の心配もありませんでした。
Q.分娩中の痛みはどうでしたか?想像していたのと比べてどうでしたか?
A.麻酔が効く前は、本格的な陣痛の前だったので、我慢できる程度でした。
麻酔が効き始めてからは、全く痛くありませんでしたが、お腹が張る感覚はありました。
分娩中は、少し痛みはあるものの、我慢できる程度の痛みでした。
ある程度は陣痛も耐えなきゃいけないと思っていたので、想像していたよりも全く痛みを感じずに出産が終わっていました。
Q.いきむことはできましたか?感覚が分かりにくいとかはなかったですか?
A.1回いきんだ時、麻酔が効きすぎていて上手くいきめなかったので、麻酔の量を調整してもらいました。その後はお腹が張る感覚もあり、いきむことができました。少し痛みのある方が、いきみやすいです。
Q.赤ちゃんが出てくる感覚はありましたか?
A.お股に何か挟まっている感覚も、赤ちゃんが出てくる感覚もしっかりありました。
Q.お産の後、無痛分娩は体の回復具合が早いと聞きますが、実際はいかがですか?
A.分娩2時間後には、スタスタ歩いてトイレに行けました。変に力が入ることがないので、全身筋肉痛ということもなく、長女の出産時と比べると本当に楽です。
Q.その他に無痛分娩にしてよかった点があれば教えてください。
A.ゆっくり自分のペースで出産できたので、浅い傷で済みました。
妊娠期間中、陣痛の恐怖心がなく、穏やかに過ごせました。
回復が早いので、赤ちゃんのお世話に集中できます。
赤ちゃんは普通分娩の1人目も、無痛分娩の2人目も同じように可愛いです。
Q.次に出産されるとしたら、また無痛分娩を選ばれますか?
A.絶対無痛で産みたいです。

無痛分娩に関するよくある質問

Q.無痛分娩のメリットとデメリットを教えてください。
A.メリットは何といっても「痛くない」ことです。産後の処置(分娩時にできた傷の縫合など)の際にも、局所麻酔の追加は通常必要ありません。デメリットとして、分娩経過中に発熱する場合があること、吸引分娩率が若干高くなることが挙げられます。
Q.無痛分娩時、赤ちゃんへの麻酔薬の影響はないですか?
A.無痛分娩には局所麻酔薬を用いますが、赤ちゃんへの影響は全くありません。
Q.無痛分娩の費用はどのくらいかかりますか?健康保険は適用されますか?
A.無痛分娩の費用は10万円です。健康保険は適用されませんので、全額自費となります。また、通常の分娩費用が加算されます。
Q.無痛分娩を希望される方の割合を教えてください。
A.2017年の実績では全分娩数に対する無痛分娩希望者の割合は21.5%でした。希望されても、逆子のため帝王切開になった方や、予定よりも早く陣痛が来てしまったために無痛分娩ができなかった方もいらっしゃいますので、実際に硬膜外麻酔を行ったのは16.6%でした。
Q.無痛分娩ができない人はいますか?
A.極端な肥満の方や、針を刺す場所に感染性の病変がある場合は、無痛分娩を行うことができません。
ページ先頭へ