無痛分娩

無痛分娩について

「お産って痛いんでしょ? 怖い!」「できることなら、ちょっとでも楽に産みたい。」という妊婦さんに対して、当院では2013年より、ご希望に応じて硬膜外麻酔による無痛分娩を行っています。麻酔薬を注入することによって、陣痛による痛みを緩和します。意識は保たれたまま、痛みのみを取りますので、ご家族と談笑しながら、冷静に新しい命を迎えられます。

持続硬膜外麻酔とは

硬膜外腔というスペースに細いチューブ(硬膜外カテーテル)を留置し、持続的に麻酔薬を注入することによって陣痛による痛みを軽減する方法です。
胎児に影響がなく、鎮痛効果が確実(個人差あり)であるというメリットがあります。

実際の方法

  1. 計画分娩前日午後に入院、子宮頚管にダイラソフト(吸湿性頚管拡張剤)を挿入し子宮口を2-3cmまで開きます。
  2. 計画分娩当日朝7:30頃、ダイラソフトを抜きメトロイリンテル(さらに頚管を広げる風船)を挿入します。
  3. 8:30頃、陣痛促進剤を点滴で開始し、硬膜外カテーテルを挿入します。
  4. 陣痛が始まったら、少量から麻酔を開始します。

分娩中のすごし方

  • 足に力が入らず危険な場合があるため、歩行は避けていただきます。
  • 定期的(麻酔開始直後は特に頻回)に血圧を測定します。
  • 特別な指示がない限り食事や飲水の制限はありません。
  • 面会や立会い分娩も可能です。

起こりうる合併症

  • 低血圧
  • 頭痛
  • うまくいきめないことによる吸引分娩
  • 穿刺部の出血、血腫形成
  • 感染

など

無痛分娩を希望される方へ

当院での無痛分娩は、全例計画分娩(予約制)としています。希望者が多い場合は先着順とさせていただきますので、予定日が決まりましたらお電話でご予約を取られることをおすすめします。
ご希望の場合は、平日の14時~16時に産婦人科外来へお電話でお問い合わせください。
ただし、妊娠に伴う合併症や持病などにより無痛分娩ができない場合もあります。また、予定よりも早く陣痛が来た場合にも、無痛分娩を行うことができない場合がありますのでご了承ください。
無痛分娩にかかる費用は全額自費となります。

お問い合わせ先

1階東受付(産婦人科) 06-6416-0282
関西労災病院代表 06-6416-1221

※平日の14:00~16:00にお問い合わせください。

ページの先頭へ