患者さんの権利と責務

患者さんの権利と責務

1. 適切な医療を受ける権利
患者さんは、人格を尊重され、良質な医療を公平に受けることができます。
2. 「説明と納得」のもとに、医療を選択する権利
患者さんは、病状や医療内容について十分な説明を受け、医療機関、検査・治療方法等を自己の意思で選択することができます。
また、自ら選んだ医療機関でセカンドオピニオンを受けることができます。
3. 診療に関する情報開示ならびに個人情報に関する守秘を求める権利
患者さんは、自己の医療上の記録や情報の開示を求めることができます。また、医療上得られた個人情報は、法的あるいは治療上等の正当な要請のある場合を除き厳守されます。
4. 病状等に関する情報提供の責務
患者さんは、当院職員に対して、自己の病状や健康に関する正確な情報を提供してください。
5. 病院秩序を守る責務
患者さんは、他の患者さんが良質な医療を受けられるように配慮するとともに、当院職員が適切な医療を行うのを妨げないように協力してください。
ページの先頭へ