ボランティア活動

当院のボランティア活動は、昭和49年よりスタートし、40年以上の長きにわたり病院運営にご協力、ご支援をいただいております。
活動して頂くボランティアグループも「病院運営支援グループ えぷろんの会」「アーツボランティアグループ」「二科会グループ」「ホスピタルガーデナーグループ」と時代の変化に対応できる活動内容として進化してきました。

関西労災病院のボランティアグループ

ホスピタルパーク ガーデナー(ボランティア)

いつも美しく草花が咲きほこるためには、心をこめたガーデン作りが大切です。関西労災病院・ホスピタルパークでは「ホスピタルパーク ガーデナー」と呼ばれるボランティアの方々に、草花の手入れをお手伝いいただいております。

ホスピタルパークの詳細はこちら

ホスピタルガーデナー養成講座 7期受講生募集要項はこちら

えぷろんの会(ボランティアグループ)

「えぷろんの会」では、現在67名(女性57名、男性10名)の会員が、院内案内、入院案内、室内作業(タオル、シーツたたみ等)、巡回図書、観葉植物の育成管理、車椅子の整備などの活動を行っています。

「えぷろんの会」ボランティアメンバー募集について

えぷろん通信

「えぷろん通信」は関西ろうさい病院ボランティア「えぷろんの会」が院内で配布している広報紙です。 食と健康に関することや院内での行事のご案内など幅広く掲載しております。
下記に「えぷろん通信」PDFファイルをご用意しました。ご希望の方はダウンロードしてください。

「えぷろん通信」のダウンロードはこちら

ピアノ演奏者(ボランティア)

当院では、入院・通院されている患者さんやご家族の方々が、エントランスホールで憩いのひと時を過ごして頂けるように、「黄色いピアノ」を演奏していただけるボランティアの方を募集しております。

ピアノ演奏者ボランティア募集について

黄色いピアノとは

病院ブログ イベント記事はこちら

ページの先頭へ