ttl_doc_jyosei女性検診

女性に特有のがんである乳がんと子宮頸がんは年々増加しています。

下のグラフに示すように40歳から罹患数が増加しておりますので、早期発見と早期治療のため40歳からの健診を受けましょう。

当センターでは、乳腺外科や婦人科と連携し検診から治療まで一貫した医療を行っています。

なお当院では、女性の放射線技師が数名在籍しており、マンモグラフィーの撮影に対応しております。(但し、都合により女性技師が対応できない場合もありますので、予め御了承ください。)

年齢別女性がん罹患率

乳がん検診

視触診

医師が目で乳房を観察してくぼみがないか、手で触れてしこりがないか、リンパ節が腫れていないか、乳頭から分泌物がないかなどを観察します。触診で発見できるものは、ある程度の大きさになったしこりです。

乳房X線(マンモグラフィ)検査

乳房をプラスチックの板ではさんで平たくし、乳房専用のX線装置で乳房全体を撮影します。 医師の触診や自己チェックでは発見できない「しこり」や、石灰化のある小さな乳がんの発見に適しています。

子宮がん検診

内診

基本的な検査。片方の指を膣に入れ、もう片方の手でおなかを押さえて、はさみながら触診します。腫れなどがないかを診察します。

子宮頸部細胞診

子宮頸がんの発生しやすい子宮頸部や膣部の表面粘膜を専用のへら、ブラシなどでこすって細胞を採取し、顕微鏡で観察します。前がん病変の段階を診断することができます。

ページの先頭へ