腫瘍内科

内科専攻医を目指す方へ

地域がん診療の新たなステージへ

当院は「地域がん診療連携拠点病院」に指定されており、これまで各診療科で抗がん剤治療を含めた専門的ながん医療を提供してきましたが、近年は以下の点から抗がん剤治療を専門に行う腫瘍内科医の必要性が高まってきました。

・高齢化に伴う臓器機能低下または併存疾患の増加のため、標準的抗がん剤の使用が困難な症例が増えつつある。
・分子標的治療薬や、免疫チェックポイント阻害剤などの新規抗がん剤が次々と承認され、副作用対策も含め化学療法が複雑化・高度化しており、臓器横断的視野が必要とされている。

そこで当院のがん診療をさらにレベルアップするため、2018年4月に腫瘍内科を新設しました。
副部長の太田は日本臨床腫瘍学会認定のがん薬物療法専門医・指導医ですが、当面は消化器内科と兼務で1人で運営を行うため、すべての課題には対応しかねますが、各診療科の医師、コメディカルと一緒にチームで、より安全で有効な抗がん剤治療を提供したいと思っています。

腫瘍内科スタッフ

 
太田 高志(おおた たかし)

太田 高志

役職 腫瘍内科 副部長
消化器内科 副部長
専門分野 化学療法・消化器
資格等 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医
日本消化器病学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本内科学会 総合内科専門医・認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・指導責任者
日本消化管学会 胃腸科認定医
緩和ケア研修会 修了
ページの先頭へ