内科専攻医を目指す方へ

関西労災病院は、兵庫県阪神南医療圏の中心的な急性期病院であり、阪神北医療圏・神戸市西部医療圏・堺市医療圏にある連携施設とで内科専門研修を行い、専門性を高めるとともに内科全般にわたる幅広い研修を積み、地域医療にも貢献できる内科専門医を目指します。 研修では、主担当医として、入院から退院<初診・入院~退院・通院>まで経時的に、診断・治療の流れを通じて、社会的背景・療養環境調整をも包括する全人的医療を実践できる内科専門医になることを目標としています。私どもと一緒に充実した専攻医研修の日々を送ってみませんか?

指導責任者 和泉 雅章

研修内容と期間

2年間の初期臨床研修終了後に、本プログラム専門研修施設群での3年間(基幹施設2年間+連携施設1年間)に、豊富な臨床経験を持つ医師のもとで、内科専門医制度研修カリキュラムに定められた内科領域全般にわたる研修を通じて、標準的かつ全人的な内科的医療の実践に必要な知識と技術を身につけます。

関西労災病院内科専門医研修プログラム

ローテート

対象月 達成目標
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 疾 患 群 症 例 数 病 歴 要 約
専攻医 1年目 基幹病院(関西労災病院) 20疾患群 60症例 10症例
総合内科 内科1 内科2 内科3
専攻医 2年目 連携病院 45疾患群 120症例 29症例
基幹病院で研修できなかった内科領域を中心にローテート
専攻医 3年目 基幹病院(関西労災病院) 70疾患群※ 200症例※ 29症例
内科1~3をローテート(これまでの経験症例の領域・人数によって決定)

※要件は56疾患群、160症例以上です

ここには専攻医研修1年目と3年目に基幹病院(関西労災病院)、2年目に連携病院で専攻医研修を行うローテート計画の一例を示しています。専攻医研修は基幹病院で最低1年間、連携病院で最低1年間行うという条件を満たせば、合計3年間の研修期間を基幹病院と連携病院にどう分配するか、および専攻医研修のどの時期に連携病院で研修を行うかに関しては各専攻医の希望・これまでの経験症例の数や疾患領域・当院で同時に研修を行う専攻医数・各連携病院の事情などに応じてプログラム管理委員会で決定します。

○専攻医1年目

関西労災病院で研修を行います。最初の3か月は総合内科、残りの9か月は3か月単位で、関西労災病院内科の全領域(1循環器内科、2消化器内科、3内科(腎臓・血液・糖尿病内分泌/神経内科))をローテートします。

○専攻医2年目

連携施設で研修を行います。関西労災病院で経験しにくい疾患群の経験を深めます。ローテート計画は1年目後半までの症例経験と本人の希望をもとに決定します。1か所の連携施設での研修期間は最低3か月となっています。

○専攻医3年目

関西労災病院で研修を行います。それまでの症例経験の乏しい領域をカバーするようにローテートします。ローテート計画は2年目後半までの症例経験と本人の希望をもとに決定します。 また、目標疾患群・症例が達成された場合、あるいは達成が確実となった場合は、subspecialty研修に比重を置く期間を設けることが可能です。

subspecialty研修

専攻医1~3年目を通じて、専攻医として経験すべき疾患群・症例のそれぞれの年度における目標が達成されている場合、あるいは達成が確実視される場合は、subspecialty研修に比重を置く期間を設けることが可能です。ただし、「内科領域全般にわたる研修を通じて標準的かつ全人的な内科的医療の実践に必要な知識と技術を身につける」という本プログラムの理念を鑑み、その期間は3年間の研修プログラムのうち合計2年間を超えないこととします。 (※開始・終了時期、継続性は問いません。また、その時期・期間に関しては研修委員会で検討します。)

関西労災病院内科の特徴

関西労災病院の内科は、循環器内科、消化器内科、内科(腎臓・血液・糖尿病内分泌)、神経内科の4領域から成り立っています。それぞれの領域の特徴は次のとおりです。 

循環器内科領域

循環器内科での研修では、幅広い疾患を数多く経験していただくことができます。特に冠動脈疾患に対するPCI、下肢動脈疾患に対するEVT、不整脈アブレーションの症例数は全国有数であり、それぞれエキスパートが複数おり、十分な指導のもと濃厚な研修を送ることができます。大血管に対するステント留置術や各種デバイスの植え込みも積極的に行っております。また各種画像検査も駆使し、総合的に循環器疾患を理解し、治療していく力を身に着けていただきます。 

消化器内科領域

消化管領域、肝胆膵領域全般の偏らない診療を行っており、特にがん診療、内視鏡診療に力を入れています。消化器内科医を志望する方は、経験豊富な指導医のもと、充実した環境で必要な技術が修得できます。検査を数多く経験できるため、専攻医1年目には内視鏡的大腸ポリープ切除、内視鏡的止血術やエコーガイド下肝生検が行えるようになり、3年目には消化管腫瘍のESDをはじめとする内視鏡治療、膵腫瘍などのEUS-FNA、肝腫瘍のRFAにも取り組めます。

内科領域(腎臓・血液・糖尿病内分泌)

腎臓内科では、検尿異常精査から透析患者の合併症治療まで腎移植を除く腎臓内科の全領域にわたる豊富な症例が経験できます。特に血液透析用内シャント手術とPTAは約1,000件/年に達しています。またICU・CCUでの急性血液浄化も担当しており、急性腎障害・敗血症・肝不全などの血液浄化も習得できます。腹膜透析にも積極的に取り組んでいます。

血液内科では、広く血液疾患全般を経験できますが、特に白血病・悪性リンパ腫など造血器悪性腫瘍の診療に力を入れており、多彩な症例が経験できます。

糖尿病内分泌内科では、糖尿病の症例を豊富に経験できるだけでなく、各種内分泌疾患の診断・治療も経験できます。

神経内科領域

高齢化を背景に神経症状を示す患者さんの診察機会が急増しています。卒後早期に熟練指導医から神経疾患の診察方法を学んで実践していくことは、今後の医師人生において極めて重要です。当院には脳から脊髄、末梢神経、筋肉まで極めて多種多様な疾患群の患者さんが来院しており、偏らない研修が可能になっています。将来神経内科を専攻したい方はもちろん、そうでない場合も若い貴重な時期に病巣診断と質的診断の基本を身に付けて大きく成長していただくことを期待します。

連携施設

  •  兵庫県立西宮病院
  •  市立伊丹病院
  •  神戸掖済会病院
  •  大阪労災病院
  •  大阪大学医学部附属病院
  •  国立病院機構大阪医療センター(大阪府シーリング対応時)
  •  大阪府立病院機構大阪急性期・総合医療センター(大阪府シーリング対応時)
  •  鳥取大学医学部附属病院(鳥取県シーリング対応時)

本プログラムでは専攻医全員に合計1年間の連携施設(兵庫県立西宮病院、市立伊丹病院、神戸掖済会病院、大阪労災病院、大阪大学附属病院)での研修期間を義務付けています。これにより、関西労災病院で経験しにくい領域の疾患群の症例を経験する機会が与えられるとともに阪神医療圏の医療の実情に触れることができます。(国立病院機構大阪医療センター、大阪府立病院機構大阪急性期・総合医療センター、鳥取大学医学部附属病院は大阪府・鳥取県でシーリングが施行された際の受け入れ時のみ)

病床数 指導医 患者数等 病院ホームページ
兵庫県立西宮病院 400床 22名 外来患者 13,342名(1か月平均) 入院患者 10,557名(1か月平均延数) www.nishihosp.nishinomiya.hyogo.jp
市立伊丹病院 414床 22名 外来患者 17,442名(1か月平均)
入院患者 864名(1か月平均)
www.hosp.itami.hyogo.jp
神戸掖済会病院 325床 6名 外来患者 3,906名(1か月平均) 入院患者 2,596名(1か月平均) www.kobe-ekisaikai.or.jp
大阪労災病院 678床 15名 外来患者 32,562名(1か月平均) 入院患者 16,747名(1か月平均) www.osakah.johas.go.jp
大阪大学附属病院 1,086床 114名 【内科系】 外来患者 224,048名(2015年度延数)
退院患者 4,802名(2015年度)
www.hosp.med.osaka-u.ac.jp

学会認定施設(内科領域)

日本内科学会認定医制度教育病院
日本腎臓学会研修施設
日本透析医学会専門医制度認定施設
日本糖尿病学会認定教育施設Ⅰ
日本呼吸器内視鏡専門医制度関連認定施設
日本神経学会専門医制度教育施設
日本臨床神経生理学会認定施設
日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本肝臓学会認定施設
全国循環器撮影研究会被ばく線量低減推進施設
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本循環器学会左心耳閉鎖システム実施施設
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医研修施設
日本精神神経学会精神科専門医研修施設
経カテーテル的大動脈弁置換術実施施設
日本ステントグラフト実施基準管理委員会胸部ステントグラフト実施施設
日本心血管インターベンション治療学会認定研修施設
浅大腿動脈ステントグラフト実施基準管理委員会浅大腿動脈ステントグラフト実施基準による血管内治療の実施施設
日本心臓血管内視鏡学会認定教育施設
その他の領域についてはこちらをご参照ください。

ページの先頭へ