麻酔科

診療科の方針・特色

手術を安全に、術後の痛みは最小限に

麻酔科の役割

麻酔には全身麻酔と局所麻酔の二つがあります。全身麻酔は、注射またはガスの麻酔薬や鎮痛薬を使って、意識や痛みをとり、寝ている間に手術を行う方法です。局所麻酔は、手術部位の神経を局所麻酔薬で麻痺させて痛みをとる方法です。
麻酔科の役割は、これらの方法を駆使し、安全な手術を提供し、手術後の苦痛を最小限にすることにあります。

安全に手術を行うために

麻酔なしに手術をすると、痛みのために健康なヒトですら手術に耐えることはできません。このように手術の侵襲(ストレス)は命を脅かすほど強いものです。私達、麻酔科医の任務は、高齢者や合併症をもった患者さんにおいても、手術ストレスから生命を守り、安全な手術を提供することにあります。
麻酔のもう一つの重要な要素は、意識をなくし、手術の記憶を残さないことにあります。睡眠に浅い眠りと深い眠りがあるように、麻酔にも浅い眠りと深い眠りがあります。つい最近まで麻酔中の眠りは、血圧や脈拍数を参考にして麻酔薬の濃度を調節することにより調節してきました。ところが最近の脳波を用いた研究により、この方法には問題があることがわかってきました。私達は、麻酔の眠りの深さを脳波を用いて測定することにより、安全な麻酔を提供します。

手術後の痛みと戦う

手術の後の最大の恐怖は痛みです。私達は、神経ブロック、点滴から入れる鎮痛薬、あるいは硬膜外麻酔などを用いて、苦痛が最小限になるように心がけています。
関西労災病院麻酔科は、術後の痛みをとる方法として最近注目を集めている、超音波エコー下神経ブロックのパイオニアです。神経ブロックとは神経のまわりに局所麻酔薬をしみこませて、神経をしびれさせて痛みをとる方法です。従来の神経ブロックでは、医師の経験と勘に頼って神経があると思われる部位に局所麻酔薬をしみこませていました。超音波エコーを用いる新たな方法では、画面上に超音波を使って神経を映し出し、ブロック針で神経を確認して神経ブロックを行うため、確実な効果が得られます。この神経ブロックは、上肢、下肢、肩の手術の術後の痛みを大きく軽減することに役立っています。

麻酔科学術業績 (PDFファイル)

麻酔科後期臨床研修プログラム (PDFファイル)

スタッフ

上山 博史(うえやま ひろし)

部長:天野 勝

役職 副院長・部長
専門分野 産科麻酔
脳波
輸液
資格等 日本麻酔科学会 専門医・指導医
日本麻酔科学会 理事・代議員
日本産科麻酔学会・日本麻酔科学会 広報副委員長

医員    清中 さわみ(きよなか さわみ) 卒業年度:平成19年

      岡田 夏枝(おかだ なつえ) 卒業年度:平成19年

      井上 ももこ(いのうえ ももこ) 卒業年度:平成20年

      春日 千春(かすが ちはる) 卒業年度:平成20年

      沢村 梢(さわむら こずえ) 卒業年度:平成20年

      阪下 直美(さかした なおみ) 卒業年度:平成22年

      松本 怜子(まつもと れいこ) 卒業年度:平成22年

      淺田 一菜(あさだ かずな) 卒業年度:平成23年

      奥野 亜依(おくの あい) 卒業年度:平成23年

      菊地 浩輔(きくち こうすけ) 卒業年度:平成23年

      久世 弥生(くぜ やよい) 卒業年度:平成23年

      至田 雄介(しだ ゆうすけ) 卒業年度:平成23年

      鈴木 愛子(すずき あいこ) 卒業年度:平成23年

      大井 智香子(おおい ちかこ) 卒業年度:平成24年

レジデント 竹本 有花(たけもと ゆうか) 卒業年度:平成27年

ページの先頭へ