腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術

肝癌膵癌胆道癌胆石脾臓腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術

腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術は2016年4月より「原則として脈管の合併切除及びリンパ節郭清切除を伴わないもの」に対して保険適応となりました。腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の施設基準は、①膵臓手術を年間50例以上施行している事、②膵頭十二指腸切除術を年間20例以上施行している事、③腹腔鏡下膵切除術を20例以上実施した経験を有する医師が常勤する事となっています。当施設は施設基準を満たしており、保険診療にて腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術が可能です。尚、手術の適応に付きましては責任者(武田)までご確認をお願いします。

膵頭十二指腸切除術とは

膵頭部(膵臓の右側部分)は十二指腸、胆管とつながっているため、この領域(下部胆管、膵頭部、十二指腸)に発生した腫瘍の切除を行う術式を膵頭十二指腸切除といいます(図1)。胃の出口、十二指腸、胆管、胆嚢、膵頭部の切除を行い、図のように4カ所の吻合を行います。消化器外科の分野では最も難しい手術の一つとされます。

膵頭十二指腸切除術

図1 膵頭十二指腸切除術

腹腔鏡手術の進歩

近年、腹腔鏡手術は傷が小さく体にやさしい手術として多くの術式に取り入れられてきました。一般的に手術時間は長くなりますが、出血量が減少し入院期間が短縮するといわれています。胆嚢摘出術から導入され、現在では胃や大腸の手術(2002年保険収載)にも広く応用されています。一方で、膵臓の手術では導入が遅れており、膵体尾部切除術(膵臓の左側の切除術式で吻合の必要性がない比較的シンプルな手術です)が2012年に条件付きで保険収載されたところです。当院の肝胆膵外科グループでは2010年から積極的に腹腔鏡下手術を取り入れ、2013年12月までに腹腔鏡下肝切除術213例、腹腔鏡下膵体尾部切除術26例、腹腔鏡下胆管切石術54例を行い、国内で有数の腹腔鏡下手術経験を持っています。

腹腔鏡下膵頭十二指腸切除の導入

前述のように膵頭十二指腸切除は高度な技術を要し、患者さんにとってはダメージの大きな手術です。そのような手術こそ、体にやさしい手術が求められると考えられます。腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術は国内では数施設しか開始されていませんが、当院では14例の手術を行い良好な成績を得ています。切除は計5カ所の穴から行い、最終的にはその穴から吻合部の周囲にドレーンというチューブを入れます(図2)。切除した臓器は上腹部の小切開から取り出し、膵臓の吻合だけはその傷から直接見ながら行います。膵臓の吻合は最も合併症に関わる部分なので、この方法は開腹術と同等の安全性を確保するためです。なお、この術式は関西労災病院臨床治験倫理審査委員会で厳格に審査され、承認されています。

開腹手術と腹腔鏡下手術の腹部の様子

図2 開腹手術と腹腔鏡下手術の腹部の様子

 

肝癌膵癌胆道癌胆石脾臓腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術

←肝・胆・膵外科へ戻る

ページの先頭へ