心臓血管外科

当科の診療体制と基本理念

1961年から外科部門にて心臓手術を開始、1974年に一旦中断した後19834月に心臓血管外科部門が開設され診療を再開し、2007年心臓血管センターが開設されました。現在、心臓血管外科専門医3名と初期研修医1名の4名体制で診療にあたっています。

当院は、心臓血管外科専門医認定機構基幹施設であり、心臓移植以外の心臓血管疾患全領域の手術を行うことができます。24時間体制で緊急手術を受け入れており、当院の強力な循環器内科と共に、ワンチームで阪神地域の循環器疾患患者をすべて救命する心意気で、日常診療を行っています。 一人一人の患者様にあった治療方針を緻密に計画し、患者様とご家族が納得された上で手術を行います。循環器疾患を疑われた際には、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

診療方針(疾患別)

冠動脈疾患

心臓に血液を送る冠動脈が閉塞もしくは狭窄し、心臓が虚血状態にある病態です。放置すれば、心筋梗塞を引き起こし突然死を来す可能性があります。冠動脈疾患の治療には、開胸を伴う冠動脈バイパス術とカテーテル治療があります。カテーテル治療の方が低侵襲ですが、糖尿病患者様や低心機能患者様においては、冠動脈バイパス術の方が遠隔期予後を改善する可能性があります。当院では循環器内科との合同カンファレンスを行い、一人一人の患者様につき、いずれが最適かと見極めています。

冠動脈バイパス術には、人工心肺を使用し心停止で行う方法と心拍動下で行う方法があります。それぞれにメリット、デメリットがあり、当科では患者様の全身状態及び心機能に合わせて対応します。

心臓血管外科_画像

心拍動下冠動脈バイパス手術ビデオはこちらをクリック (動画39MB)

心臓血管外科_グラフ

弁膜症疾患

心臓には4つの弁があり、それぞれが心臓の拍動に合わせて、開閉しています。その開閉機能に障害があると、放置することで、心不全に陥り、寿命が短くなる可能性があります。近年、症状や心収縮能の低下がなくても、早期に手術をした方が寿命が延長すると報告され、早期手術が推奨されています。当院では、循環器内科とカンファレンスを行い、手術方針や時期を患者様の年齢や併存疾患を考慮して緻密に計画し、手術を行います。下記に、弁膜症の中で、代表的な疾患に対する当科での治療方針を提示します。

大動脈弁狭窄症

弁膜症疾患の中で最も頻度が高い疾患です。心臓の出口にある大動脈弁が石灰化することで狭窄し、胸痛、失神、突然死を引き起こす可能性があります。高度狭窄でかつ症状を伴う場合には突然死の可能性があるため、できるだけ早期の手術を行うようにしています。

手術は、開胸心停止下で行う大動脈弁置換術と両側鼠径部の小切開(約2cm)もしくは穿刺のみで施行できる経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI, タビ)があります。開胸による大動脈弁置換術が、世界的に見て現在でもgold standardです。年齢に応じて、生体弁(ブタもしくはウシ)か機械弁に取り替えます(図)。しかし、高齢(80歳以上)、低肺機能、心臓手術既往など通常の大動脈弁置換術ではリスクが高いと判断される患者様には、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)の方が望ましい場合もあります。通常の大動脈弁置換術では開胸し、人工心肺を用いて心臓を止めて手術を行います(手術時間:約3時間)が、TAVIでは人工弁を装着したカテーテルを用いて大動脈弁を置換する手術です(手術時間:約1時間30分)。当院では、一人一人の患者様について、循環器内科とカンファレンスを行い、どちらが最適かを判断します。

心臓血管外科_画像

生体弁(ウシ心膜弁)

心臓血管外科_画像

機械弁


心臓血管外科_画像

TAVI用生体弁

心臓血管外科_画像

足から生体弁が詰め込まれたシースを挿入


心臓血管外科_画像

バルーンで拡張

心臓血管外科_画像

生体弁置換終了

TAVI資料提供 エドワーズライフサイエンス

                                 

TAVIについての詳細は、循環器内科「経カテーテル的大動脈弁置換術開始」ページをご覧ください。

 

心臓血管外科_グラフ

大動脈弁閉鎖不全症

心臓の出口にある大動脈弁が、うまく閉鎖しない病気です。放置すると、大動脈から左室に向かって血液が逆流するため、左室拡大をきたし、心機能が低下し、心不全に陥ります。大動脈弁閉鎖不全症の原因は様々ですが、弁自体に原因がある場合は生体弁もしくは機械弁による大動脈弁置換術を行います。また、大動脈基部(大動脈弁を支えている場所)拡大が原因の場合には、大動脈基部置換術(Bentall手術、大動脈基部と大動脈弁を同時に替える)を行っています。

心臓血管外科_画像

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症は、左房と左室の間にある僧帽弁がうまく閉鎖せず、左室から左房に血液が逆流し左房に負荷がかかることによって、呼吸困難や不整脈の症状が出現する病気です。僧帽弁閉鎖不全症の原因は様々ですが、多くは僧帽弁を支えている腱索が切れていることが原因です。当院では、切れた腱索の代わりに、人工腱索を立て自己弁で修復しています(僧帽弁形成術)。僧帽弁自体が破壊されている場合は、生体弁や機械弁を用いて、僧帽弁置換術を行います。2020年からは、特に僧帽弁形成術を主体に手術しています。弁形成術と弁置換術にはそれぞれメリット、デメリットがあり、患者様の年齢や心機能によって異なるため、詳細は外来担当医にお気軽にお尋ねください。

心臓血管外科_画像

当院での僧帽弁形成術ビデオはこちらをクリック(動画670MB)

心臓血管外科_グラフ

メイズ手術

年齢や弁膜症疾患により心房に負荷がかかると心房細動と言われる不整脈が起こりやすくなります。心房細動は、適切な投薬や治療が行われなければ、脳梗塞の頻度が上昇します。当科では、弁膜症を有した患者様で心房細動を有している場合は、積極的にメイズ手術(心臓内の異所性電動路を切断する)と呼ばれる手術を行い、規則正しいリズムに戻すようにしています。

心臓血管外科_画像

大動脈疾患

大動脈疾患は、大きく分けて血管径が拡大し破裂する可能性がある大動脈瘤と血管壁が裂ける大動脈解離があります。大動脈瘤の場合は、ほぼ症状はなく、偶発的に発見されることがほとんどです。しかし、破裂すると、半数は死亡する可能性があるため、径が6cm以上に拡大している場合(正常は3cm未満)は手術が必要です。一方、大動脈解離の多くは、急激な胸背部痛を訴えることが多く、解離している場所によっては緊急手術を必要とします。

当院では、開胸手術、開腹手術、カテーテル治療(ステント治療)のすべてに対応可能であり、大動脈瘤および大動脈解離の場所や形態、患者様の年齢に応じて、最も適した手術を行います。

胸部大動脈瘤

胸部(横隔膜より頭側側)の大動脈が瘤化した状態です。一般的に、大動脈瘤の大きさが6cmを超えると手術が必要です。開胸のみで手術(一期的)を完成させる場合と開胸とステント治療を組み合わせたハイブリッド治療(二期的)、ステント(カテーテル)治療のみで完成させる治療法(TEVAR)があります。当科では、心臓血管外科専門医3名のうち、2名はステント治療の指導医も兼ねており、すべての治療法に対応できます。それぞれの治療法にはメリット、デメリットがありますので、年齢や瘤の場所、形態に応じて、緻密に術式を検討し、患者様、ご家族が納得された上で、手術を行います。詳しくは外来担当医にお気軽にお尋ねください。

胸部大動脈瘤に対するハイブリット治療(Debranching TEVAR)(2回の手術に分ける)

心臓血管外科_画像

胸部大動脈瘤に対する一期的全弓部置換術(1回ですべての治療)

心臓血管外科_画像

 

心臓血管外科_グラフ

腹部大動脈瘤

腹部大動脈が瘤化した状態です。大動脈瘤の発生部位で最も多いのが腹部大動脈瘤です。正常の大動脈径は3cm未満ですが、これが拡大し、5cm以上になると手術適応となります。ほとんどが無症状で、偶発的に発見されます。手術には、腹部を正中切開して、大動脈を人工血管に置換する方法と両側鼠径部を約2cm切開して、カテーテルを使用してステント付き人工血管を大動脈瘤内に留置してくる方法(EVAR)があります。当院心臓血管外科には、心臓血管外科専門医3名のうち、2名がステント指導医を兼ねているため、どちらの手術も施行可能です。それぞれに、メリット、デメリットがあり、詳しくは外来担当医にお気軽にお尋ねください。

心臓血管外科_画像

67歳男性で7cmの腹部大動脈瘤に対し、Y型人工血管置換術を施行 手術時間:4時間。腹部正中切開(約25cm)。術後2週間で退院。

心臓血管外科_画像

87歳の腹部大動脈瘤、腸骨動脈瘤を有した患者様にカテーテル治療(EVAR)施行 手術時間:1時間30分、両側鼠径部(足の付け根)を2cm切開。術後1週間で退院。

心臓血管外科_グラフ

手術実績

心臓・大血管手術

2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
先天性 2 2 1 2 0 0
弁膜症 32 36 33 27 54 43
冠動脈疾患 40 34 27 22 21 18
胸部大動脈瘤 16 32 44 22 22 52
腹部大動脈瘤 48 61 66 72 65 49
その他の心臓手術 6 5 1 5 6 5
144 170 172 150 168 167

心臓血管外科学術業績 (PDFファイル)

スタッフ

福井 伸哉(ふくい しんや)

部長:福井 伸哉

役職 部長
資格等 1998年 大阪大学医学部卒業
心臓血管外科専門医認定機構 基幹施設修練責任者
心臓血管外科 専門医・修練指導者
日本外科学会 外科専門医・指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト指導医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
医学博士(2007年 大阪大学)
一言 2020年1月から心臓血管外科の部長に着任しました。心臓大血管疾患は、放置することで生命の危機に直面します。いかなる症例でも何とか救命します。阪神間の全心大血管疾患患者を救命する心意気で診療に当たっています。

工藤 智明(くどう ともあき)

診療主任:工藤 智明

役職 副部長
資格等 2005年 山口大学医学部卒業
心臓血管外科 専門医
日本外科学会 外科専門医
胸部大動脈瘤ステントグラフト指導医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
医工学博士(2014年 山口大学)
一言 目の前のことに集中し、質の高い医療を提供できるよう努力して参ります。また、患者さんの立場に立った医療を行っていきたいと思います。何か気になることがあれば、いつでも声をかけてください。

渡辺 芳樹(わたなべ よしき)

診療主任:渡辺 芳樹

役職 診療主任
資格等 2006年 大阪大学医学部卒業
心臓血管外科専門医
日本外科学会 外科専門医
胸部大動脈瘤ステントグラフト指導医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
医学博士(2014年 大阪大学)
一言 年齢や体力が手術の障壁になってはなりません。患者様の命と生活を第一にそれぞれの患者様にあった手術と治療を提供できるよう日々研鑽しております。一緒に術後のリハビリも含めて病気を克服しましょう。

 

» 心臓血管外科 外来担当表

ページの先頭へ